2010-06-09

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語の感想

今日は仕事が休みだったので予定通りにRAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語を観に行って来ました。

観た詳しい感想は今日はネタバレを含むので追記で書きますが、一言で言うと本当に最高に素晴らしい映画でした。

ネタバレとは関係ない部分から書くとこの映画は特に派手さはない映画ですが、凄く心にジーンと来ることが多くて最後の方は思わず涙です。自分は基本的には人前で涙は流さないと決めてるんですが、人前にも関わらず思わず映画館で泣いてしまったのはいつぶりだろうexclamation&questionとにかく凄く良い作品でした。

同じ作品を観ても人それぞれ感想は異なって当たり前ですが、あくまでも個人的にはまだ観てない方は絶対に観た方が良いと思った映画でした。観てない方には是非ともお勧めしたい映画です。

観てて社会人として仕事に生きるのもそれはそれで大切なことですが、夢へ向かって進むことの素晴らしさや仕事をする上で楽しいと思うことの重要さなどが本当に感じられた作品です。

個人的にはですが、今年に入ってから観た映画の中では1番良い映画だと思った作品でした。いや、今年に入ってからと言うよりも自分が今までの人生で観た映画の中でも3本の指に入るほどに素晴らしい作品でした。

冗談抜きで観に行く時間があればもう1回映画館で観たいし、(もう1回と言わずに2、3回観たいくらいです。)DVDが出たら絶対に買って自宅で何度も観たい映画の1つです。

ネタバレとは関係ない部分から書くとこの映画に出てる方のキャストの方々の演技も凄く良いし、ストーリーも凄く素敵でした。特に中井 貴一さん、高島 礼子さんの演技が素晴らしいのはもちろんですが(他の方も良い味が出てて凄く良い演技だったと思います。)この2人の娘役の筒井 倖役で出てた本仮屋 ユイカさんの自然でおばあちゃんを想う優しさに溢れた素敵な演技と可愛さが印象的です。

観客的には作品の関係もあるだろうし、キャストの方々の関係もあると思いますが50歳台以上の年配の方の世代が多かった。中には若い女性がいたりもしましたが、(若い男性や若いカップルで観に来てた方はあまりいなかったように思う。)相対的に見ると年配の方が明らかに多かった。その中でも若干男性の方が多かったようにも思います。

さて、これから先はネタバレを含むので追記で書きます。ネタバレを含むのでこれから観に行く方でネタバレが嫌な人は続きを読むはクリックしないで下さい。

この記事を携帯電話から見てる方は続きを読むが表示されないので携帯電話から見てる方でこれから観に行く方でネタバレが嫌な人はこの先の多めに取った改行スペースの後は見ないで下さい。続きを読む
posted by レイ at 19:43:01 | Comment(4) | TrackBack(1) | レポ