2012-09-19

ツナグ

ツナグの文庫本今日も仕事でしたが、昨日に引き続いてそんなに残業にはならずに終了したので帰りに本屋へ。買って来た本はツナグの文庫本です。

この作品は映画化されるみたいですがボクシングジムにダイエットに来てる女性が先日試写会に行ったらしくて凄くお勧めしてた作品だったのでそこまでお勧めするならと言う事で自分も本で読んでみようと思い、購入しました。このツナグは元々単行本で出てたらしくて今回文庫本化されたとの事ですが、この女性は映画を観る前に単行本でも読んでて本で読むと言う意味でもお勧めしてたので丁度今日で容疑者Xの献身を読み終えたタイミング的なのも含めて新たに読む本として購入。

人の感性はそれぞれ違って当たり前なのでお勧めされたからと言って自分も読んでみて同じく面白いと思うかどうかは分かりませんが、個人的には何となく面白そうだと言う期待感は充分にあります。

買っただけで読んでない本はキャッチャーという人生スワローズ流必勝戦略―効率的球団経営で勝つチームづくりの2つが残ってるんですが、ずっと野球関連の本を読んでたのでちょっと目先を変えて容疑者Xの献身を読み始めたらやっぱり小説も凄く面白いと思ったのでもう1冊このツナグを読んでからこれらのまだ読んでない野球関連の本を読もうと思ってます。と言うか野球関連とか小説とか関係なく読書って良いね。

因みに容疑者Xの献身を読んだ感想ですが、凄く面白かった。特に最後の方は読んでて「こう言う展開かぁ。」と自分なりに予想しながら読んだ展開とは予期せぬ方向に話が進んで流石東野 圭吾さんだと思いました。

とは言ってもさっきも書いたように人それぞれ感性は違うので人によって合う合わないはあるでしょうが、少なくても自分には東野 圭吾さんの作品は合ってると改めて認識。

何か最近はますます本を読む楽しさを知ってしまったので時間を見付けてこれからも色々な本を読みたいと思います。

さて、予定通りに明日は休みなので出来れば映画館にBRAVE HEARTS 海猿を観に行ってその後にバッティングセンターに行こうと考えてます。何にしても明日の休みは自分なりに楽しもうと思います。
posted by レイ at 22:03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記