2012-12-19

そば焼酎 那由多の刻と米焼酎 かなた

今日も仕事で残業になって帰って来たのは結構遅い時間。明日もそうなんですが、最近は朝が早く帰りが遅い事が多いので仕事から帰って来たら必要最低限のやる事をやって焼酎をお湯割りで飲んでから寝る事が多いです。(笑)ただ、今日は比較的出勤時間が遅かったので朝はゆっくりと出来ましたけどね。

それで昨日の仕事が終わってその帰りに酒屋に寄り道をしてそば焼酎の那由多の刻と米焼酎のかなたを購入。前回の休みに買って来た芋焼酎である黒白波 新酒 2012がまだ若干残ってるんですが、米焼酎であるしろは飲み終えた事もあってまた米焼酎が欲しくなりました。今回はどの米焼酎にしようかと選んでるとそば焼酎が目に付いたのでそれも選んで購入。

変わった焼酎としては胡麻焼酎、栗焼酎、じゃがいも焼酎、人参焼酎、しそ焼酎、わさび焼酎なんて言うのもあって面白そうなので買ってみようとも思ったんですが面白そうだと思って買って飲んだらあまり美味しくないでは嫌なので今回は止めました。でもこの中でしそ焼酎は飲んだ事がありますし、胡麻焼酎、栗焼酎、わさび焼酎なんかはかなり興味をそそられます。

そば焼酎 那由多の刻と米焼酎 かなた10分程度、選んだ末に昨日はかなたと言う米焼酎と那由多の刻と言うそば焼酎を購入。

自宅に帰って来て着替えながらお湯を沸かしてとりあえずは那由多の刻をお湯割りで頂く。長期熟成と言う事もあってか色が琥珀色で味はとにかくまろやかな味わい。個人的には以前飲んだ麦焼酎に近い味わいを感じますが、ちょっと違う。

芋焼酎のように芋独特の甘い香りが立ち上って来るような個性はないんですが、精細な味わいを感じられてそば焼酎も良い。

昨日は風呂上りに米焼酎 かなたを飲もうと思ってたんですが、昨日はとにかく眠かったので飲まずに寝た事もあって結局は米焼酎 かなたは飲みませんでした。今日の風呂上りの楽しみにしようと思います。ただ、最近は寒いのでやっぱり焼酎のお湯割りか燗した日本酒の方が身体が温まって良いんですがこのかなたのお勧めの飲み方はオンザロックとの事。まぁ、とりあえずは風呂上りで身体も温まってるし、先ずはお勧めのオンザロックかもしくはストレートで頂いてみようと思う。

仕事を自分なりにきちんとこなして自宅に帰って来てこうしてお酒を飲むと言うのも些細な事の1つなんですが、毎日のちょっとした楽しみだったりします。

さて、明日も仕事で明日もそこそこ朝が早いのでやる事をやって米焼酎 かなたを飲んで寝ようと思います。何にしても明日も自分なりにきちんと仕事をこなして来ようと思います。
posted by レイ at 23:27:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記