2015-06-20

面白い

今日も仕事でしたが、珍しくあまり残業にならずに終了したので少し前から書きたかった事。

交流戦は阪神タイガース以外のセ・リーグに所属する球団が全て勝ち越しは出来ずに終わりましたが、少し良い事も出て来た。因みに東京ヤクルトスワローズは交流戦だけに限って言えば8勝9敗1引き分けの借金1。

と言うのもこの時期の勝敗で一喜一憂しないと書いてそれは今でも変わらない事ですが、上位の読売ジャイアンツ横浜DeNAベイスターズがそれなりに負けた事もあって東京ヤクルトスワローズとそれなりにあったゲーム差がそんなになくなった。

昨日現在で首位の読売ジャイアンツでさえ、貯金は2で後のチームは全て借金チーム。これを異常事態と言う人も居て事実そう思いますがどんな状況であれ、セ・リーグが混戦として来た事に変わりはない。

最近は打たれてる試合も多いとは言っても今年の東京ヤクルトスワローズの投手陣は一昨年や去年に比べたらかなり良い。それに加えてまだ確実とは言えませんが館山投手も戻って来ると言うニュースを目にしたし、シーズンが始まったばかりの頃よりも打線も打って点も入る事が多い事から考えてこれから夏に掛けての試合にも期待は持てる。と言っても期待と言うだけであってこればかりはどうなるか全く分からない。

勝敗を本当の意味で気にし始めるのはオールスターが終わって更に夏も終わりに近付く頃からなのでそれ迄は今迄通りに一喜一憂せずに静観。

ただ、ファンなら好きなチームの勝ち負けに一喜一憂する気持ちも分からなくもないけど、今の段階では全てのチームがどうとでもなる状況でそれを読むのは非常に難しい事もあって一喜一憂してもしょうがないと思ってる。

何にしてもまだ全日程の半分も消化してないのでまだまだプロ野球シーズンは楽しめると言った感じである。
posted by レイ at 21:15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記