2008-09-04

ハンドクラップリベンジ

今日もボクシングジムで仕事。アメリカ大リーグのシアトル・マリナーズイチロー選手が8年連続200本安打に向けてヒットを積み重ねてますが、あの打席に入った時の独特の構え????(ポーズ)がカッコイイ。

あまりにもカッコイイので「あのポーズを自分も日頃の生活の中で取り入れることは出来ないものかexclamation&question」とくだらないことを考えてますが、(笑)日常生活で取り入れることは出来ないような気がする。

でもボクシングジムで自分がトレーナーとしてボクシング指導する前やスパーリングをする前には何とか使えそうな気がするけど、「意味がないから止めておこうかなぁ〜〜。」って考えてみたりしてる最近です。

「お前はもっと他に考えることはないのかexclamation&question」って感じですけど、確かにexclamation×2(爆)

こんな感じで始まった今日の記事ですが、(笑)今日ボクシングジムでのダイエットインストラクターとしての仕事の休憩時間にハンドクラップ(=手拍子)の話になりました。手(パー)

それで自分が行ったことのあるアーティストのライヴで独特のハンドクラップがあったのは絢香さん、中島 美嘉さん、YUIさん、大塚 愛さんですが(倉木 麻衣さんもあったかも知れないけど、自分は今は思い浮かばない。)この中で1番ハンドクラップが難しかったのが絢香さんのライヴです。(美嘉さんのALL HANDS TOGETHERのハンドクラップも慣れるまで難しいけど。)

ボクシングジムに絢香さんのファンは結構多いので(ちなみに言うなら、さんファンも多い。)ハンドクラップのことを聞いてみたんですが、あれってわざと難しいハンドクラップを絢香さんが観客に要求してる部分もあるらしい。

その理由は「ライヴに来た観客を退屈させないため。」みたいな理由らしいけど、ハンドクラップは楽しかったけど、仮にあのハンドクラップがなくても絢香さんのライヴも本当に楽しくて全然退屈じゃないんですけど。(笑)

でも絢香さんがそう言う理由でハンドクラップを難しくしてる曲があるなら次のライヴの時は絶対に成功させようっと。前回は若干失敗した部分があるからね。(笑)

自分はレポを書く段階では忘れてたんですが、絢香さんの今回のライヴって独特なハンドクラップが確か3曲あったんですよね。(2曲かも知れないけど、多分3曲。)

そのうちの1曲は絢香さんのハンドクラップ指導が簡単にあったので何とか大丈夫でしたけど。

どっちにしては次のライヴの時はリベンジします。(笑)

ハンドクラップに限らずですが「ライヴって良いなぁ〜〜。」って思うことの1つにアーティストによって方向性は違うけど、どのアーティストも観客を退屈させないような色々な工夫をしてるんですよね〜〜。ぴかぴか(新しい)

例えばですが絢香さんならさっきも書いたハンドクラップもその1つだし、さんだと笑える演出がその1つだし、来てくれた観客を楽しませようと言う工夫がどのアーティストにも感じられるからね。

まぁ、ライヴって基本的にはアーティストの歌を聴きに行く部分が大きいと思うから(人によっては例えばヴォーカルの歌じゃなくギタリストを目当てに行く人もいると思いますけど、それは全体からしたら少数派だと自分は思ってます。)楽しませようと言う演出だけで実際の歌がダメでは本末転倒ですけど、自分が行ったアーティストではそんなことは今までになかったからね。

方向性は違っても楽しませようとする姿勢はどのアーティストにも感じられるし、素晴らしいことだと思う。ひらめきだからライヴは止められない。

最後はどうでも良いことで終わりにします〜〜。(いや、どうでも良くはないなぁ〜〜。笑)自分は来週のさんのLOVE IS BORNの大阪公演にも2日間連続で行きますが、行きも帰りも深夜バスを使って遠征します。

自分は元々は新幹線を使う予定でしたがバスだと往復しても新幹線の片道以下の料金で済むので決めました。手(チョキ)

まぁ、バスだと約8時間くらい掛かるけど、LOVE IS BORNの大阪公演の9月9日(火)と10日(水)の2日間の他にも前日(8日)と次の日(11日)もボクシングジムの仕事が休みなので急ぐ必要もないし、8時間はバスの中で寝てれば意外とそんなにも長くないと判断しました〜〜。

今回の遠征は安さで勝負します。(笑)逆に遠征はそんなに行かないからこそ新幹線を使うのも良いのかも知れないけど、いくら自分が社会人で働いてると言ってもお金には限りがあるし、安いに越したことはないからね。

時間がないなら安いとか言ってないで迷わずに新幹線を使いますが、さっきも書いたように時間はあるからね。

LOVE IS BORNやその後の絢香さんのライヴに向けて節約出来るところで節約です。

まぁ、1番良いのは誰のライヴにも行かずに自宅でネットでもやってるのが1番の節約ですが(笑)自分はさっきも書いたようにライヴが好きだからそれは無理なことです。

自分はタバコは全く吸いませんが、タバコを1日に3箱くらい吸ってる人に「タバコを止めなさい。」って言ってるようなものですね。自分はライヴ中毒ってやつです。(笑)

明日もボクシングジムで仕事。頑張ります〜〜。パンチ
posted by レイ at 20:47:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
他のアーティストさんのライブのことはあまりわかりませんが、愛ちんのライブは笑いあり、涙あり、踊りありとめちゃめちゃ楽しめますよね!!

ぼくは愛ちん中毒です(笑)
Posted by じゅん at 2008-09-05 02:02:16
私は、自身のブログにも書きましたが、行き帰り共に新幹線です。
行きは仕事の都合上、新幹線でないと無理なので…。
で、旅行会社のパンフを見てたら、大阪一泊JRセットプランが結構安かったので、それで行くことにしたんです。
通常の新幹線往復よりも安い金額で宿付きですから。
そう考えると、結構お得ですよね。
Posted by きた at 2008-09-05 05:38:48
レイ君は、バスで

行くんだぁ〜@@

帰りもバスかな?

恒例のコーデなんだけど

今回は、大阪での私服コーデ

ライブコーデをお願いします(>人<)

ごめんね;いつも!

Mは、人のコーデが興味あるんだなぁ〜
Posted by at 2008-09-05 09:58:09
『じゅんさんへ』

大塚 愛さんのライヴはじゅんさんが言うように笑いもあり、感動もあり、一体感がありで本当に楽しいですよね〜〜♪自分も初めて行った時にそれを感じて今に至ります。(笑)完全に愛さんのライヴにはまりました〜〜♪

自分も愛さん中毒ですが、自分は他にも好きなアーティストがいるのでそのライヴにもはまってますね〜〜♪(笑)
Posted by レイ at 2008-09-05 16:32:45
『きたさんへ』

自分も本当は新幹線を考えてましたが、深夜バスがあまりにも安かったこととライヴの前後も合わせて4連休なのでそんなに急ぐ必要がないので急遽深夜バスに変更しました〜〜。(笑)

でも自分もきたさんと同様に仕事などで新幹線を使わないと無理だったなら絶対にそうしてたと思います。後はやっぱり新幹線は速くて快適ですよね〜〜。

きたさんの大阪1泊JRセットプランって安いですね!!通常の新幹線往復よりも安い金額で宿付きって凄くお徳だと思います!!さすがきたさんですね!!

自分も今度はきたさんの真似をすることもあるかも知れません。(笑)
Posted by レイ at 2008-09-05 16:39:53
『Mさんへ』

大阪遠征には深夜バスで行くことにしたよん。後は帰りもバスだ〜〜!!

コーディネートは大塚 愛さんのライヴ関係の場合は愛友さんが多いから撮ってくれる人もいるから大丈夫だよ〜〜♪

まぁ、愛さんのライヴに限らずだけど、基本的に自分はライヴの時ってシンプルにジーンズとライヴTシャツが多いから前のコーディネートの時と凄く変わってる感じはないけどね〜〜。(笑)

他のアーティストのライヴだと撮ってくれる人がいないことが多いから無理かも知れないけど、少なくても愛さん関係のライヴに関しては愛友さんが多いからこの程度のリクエストなら大丈夫だから全く気にしなくても良いよ〜〜♪

まぁ、無理な時もあるかも知れないけど、今回は全く問題なしだ〜〜。
Posted by レイ at 2008-09-05 16:55:22
恥ずかしながら僕はまだ新幹線に乗ったことがないのです。
まぁこの記録も今年の修学旅行で途切れますが・・・
僕も遠征するときバスを考えてました。
あの安さは他の交通機関と比べると驚きですよね。
でも寝付きが悪い僕にとっては最悪の寝床ですけどね。
Posted by ken at 2008-09-05 21:51:55
『kenさんへ』

自分は新幹線に初めて乗ったのは高校を卒業して働き始めてからですよ。(笑)でも高校の修学旅行が九州だったので新幹線の前に飛行機に乗ってますけどね。

kenさんは修学旅行って歳ですからね〜〜。修学旅行って響きが懐かしいなぁ〜〜。(笑)

kenさんが言うようにバスは他の交通機関と比べると驚きの安さですね。ただ、その分時間も掛かりますけどね〜〜。自分は寝付きは悪くないですが、バスの中で寝れるかどうかが不安です。まぁ、その時はその時なので大阪に着いてからネットカフェで寝るとか考えます〜〜♪
Posted by レイ at 2008-09-06 19:58:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック