2008-11-25

ライヴをするために曲を作る

昨日の記事にも書いたように明日はボクシングジムの仕事が休みの予定。(予定なので急遽仕事になる可能性もある。)今日は中島 美嘉さんのアルバムVOICE倉木 麻衣さんのシングル24 Xmas timeは結局フラゲ出来なかったので明日買いに行こうっと。フラゲは出来なかったけど、本来の発売日は明日だからね。

後、昨日の記事で右眉の下辺りをカットしたと書いてますが顔を洗う時が物凄く沁みて痛いです。傷口から出血はほとんどありませんが、非常に痛いです。(笑)まぁ、人間には自然治癒量が元々備わってるので自然に治るのを待とう。自分の今までの経験上はこのくらいのカットなら来週の月曜日(12月1日)の絢香さんも出るライヴまでに治るはず。

今日もボクシングジムで仕事でしたが、傷口が広がらないようにスパーリングはやりませんでした。まぁ、自分はボクシングジムに出勤した時にいつもスパーリングをやってるわけじゃないですけどね。(いつもやってたら自分はすでに現役選手じゃなく引退してるので身体が持たない。笑)

自分が出来ることは傷口を消毒するなりして清潔にすることくらいだ。ただ、この消毒が物凄く沁みて痛い。ボクシングジムでダイエットに来てる女性たちが「消毒してあげるよ。」って言って消毒して貰いましたが、(この時点で嫌な予感。笑)完全に人が痛がるのを見て楽しんでたからね。(笑)

ってことで、今日は昨日の夜に日課のヴァイオリン練習をやった後に絢香さんのアルバムSing to the Skyに付いてた去年の12月の日本武道館のDVDを見た。

最近は絢香さんのライヴDVDを見る率が凄い高いです。その理由は絢香さんのライヴパフォーマンスや歌声も素晴らしいのは言うまでもないことですが、自分がヴァイオリンを購入して練習を始めてからはヴァイオリン演奏も見たいことが多いんですよね〜〜。

現段階では自分がヴァイオリニストの演奏を映像として視覚的に見たところで技術的なことは何も分かりませんけど、見ればちょっとした発見があったりします。

そこで自分がライヴDVDを持ってるアーティストでヴァイオリンを使ってるのは大塚 愛さんと絢香さんなんですが、さんは岡村 美央さんのヴァイオリンソロもあったりしますが基本はストリングスメンバーとしての構成なのであまりヴァイオリンメンバーがアップにならない。

まぁ、基本的にさんのライヴDVDはさんを見たくて購入する人がほとんどでしょうからそれで良いんですけどね。(同じことは他のアーティストにも言えますけど。)

しかし、絢香さんのライヴDVDって基本は絢香さんがメインですが(ある意味で当たり前のことです。笑)ヴァイオリンは土屋 玲子さんしかいないことも関係してか意外にもヴァイオリンの土屋 玲子さんが演奏してる場面が映ってることが多いように思う。しかもヴァイオリン演奏してる際の手元までアップで映ってることが結構多い。

後は絢香さんの曲って他のアーティストに比べると比較的ヴァイオリンを使ってることが多いんですよね〜〜。

これは自分の憶測も含みますが、絢香さんって他のアーティストとちょっと曲を作るスタンスが違っててCDを出すことを前提に曲を作ってない部分があるんですよね。

もちろん、CDとして曲を出すことも全く意識してないわけじゃないと思いますけど、絢香さんは基本的にはライヴをやるために曲を作ってると自分自身でも公言してます。もちろん、他のアーティストもライヴのことを意識はして曲を作ってる部分はあると思いますが絢香さんはライヴのために曲を作ってると完全に公言してるからね。

自分は絢香さんのファンになったのは比較的浅いので絢香さんファンのサイトで調べた情報ですが、現に絢香さんってCD化する前に新曲をライヴで披露して少し経ってからCDとして発売してることも結構多いんですよね。

そう言った意味では自分は絢香さん=ライヴと言うイメージがかなり強かったりもする。ライヴと言えば真っ先に絢香さんが頭に浮かぶくらいそのイメージが強いです。絢香さんは完全にライヴアーティストだね。

ってことで、曲を作る段階でライヴで土屋 玲子さんと言うヴァイオリニストがいると言う前提で曲を作ってることも関係してるのかも知れないけど、絢香さんの曲ってヴァイオリンを使ってる率が高い気がする。

長々と書きましたが、これらの理由もあってヴァイオリンを始めた自分としては絢香さんのライヴDVDを見ると言う行為はちょっとだけヴァイオリンの勉強にもなるんですよね。

「すげ〜〜な。」って思ったのが土屋 玲子さんの左手で弦を押さえる動きが凄いのは以前もちょっと書きましたが、よく見ると左手で弦を押さえながら(????)そのまま左手を小刻みに震わせることがあるんですよね。(絢香さんのアルバムSing to the Skyに付いてた去年の12月の日本武道館のDVDだとI believeの曲の時とかよくやってる。)あれは何なんだexclamation&questionヴァイオリンの奏法の1つだろうかexclamation&questionその時に非常に美しい音色が出てるんですよね。

今の自分には出来ない。いや、今はそんなことを真似するよりももっと基礎をマスターすべきだなぁ〜〜。(笑)

何か最近は毎日が終わってこうしてブログを書くことが楽しい。このブログは特にためになることを書いてるわけではないと思うし、長いだけで特に読んでて面白いわけじゃないと思うけど、書いてる自分が非常に楽しい気持ちで書きたいことを書いてるからね〜〜。多分書いてる本人である自分が1番楽しんでるんじゃないかなぁ〜〜。(自己満足。笑)

後はそれに比例してるのか分からないけど、日常生活や仕事も全てが楽しいなぁ〜〜。

さて、今日も長々と記事を書いたのでこれで終わり〜〜。明日は休みの予定ですが仕事になる可能性もあるなぁ〜〜。予定通りに休みなら来週の月曜の絢香さんも出るライヴのためにも髪を切りに行くぞ。(何故exclamation&question
posted by レイ at 21:14:19 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
痛いよ〜><

ライブまでに治ったらいいね^^

レイくんバイオリンがんばっっ!
Posted by at 2008-11-26 11:03:18
情報!

紅白歌合戦の

出場者が発表されたね!

今年も愛ちゃん出場決定で嬉しい^^♪

オフィもUPされているよ!

http://www.avexnet.or.jp/ai/news/081125.html
Posted by at 2008-11-26 11:04:07
ぃたそぅですけど大丈夫ですかぁ?
絢香チャンゎライブのために曲をっくってる話ゎゎたしもきぃたことぁります!!!
レィさんがぃぅょぅに玲子さんがライブにぃることを前提に曲をっくってるきもします★
ゎたしゎそぅぃぅ考ぇゎなかったのでレィさんすごぃデス(笑

玲子さんのバィォリンの左の動きも見てみます♪♪
玲子さんの左の動きとか見てる人ゎそんなにぃなぃ気がするのでレィさんゎバィォリンをゃってるだけぁりますね(*^^*)
Posted by 彩 at 2008-11-26 16:05:42
『Mさんへ』

カットした傷は触ったり、顔を洗う時は痛いぞ〜〜。でももうとっくに出血は止まってるし、今までの自分の経験から来週の月曜の絢香さんも出るライヴに行くまではきっと治る〜〜♪

ありがと〜〜。ヴァイオリン練習も毎日楽しんで頑張ってる〜〜♪

紅白歌合戦の出場者が発表されたのは知ってたけど、わざわざ教えてくれてありがと〜〜。大塚 愛さんも出るね〜〜♪

今日は敢えて記事にしなかったけど、近いうちにブログに書くと思う〜〜♪でもその時に書くけど、自分はリアルタイムでは見れない理由があるから録画して後で見る〜〜。どっちにしても楽しみだね〜〜♪
Posted by レイ at 2008-11-26 17:55:14
『彩さんへ』

カットした傷は触ったり、顔を洗うと沁みて痛いですが出血はとっくに止まってますし、もう大丈夫です。

絢香さんはライヴをやるために曲を作ってるのは有名な話なんですね!!自分はそう言う絢香さんの方向性って大好きです♪そう言う方向性で曲を作ってるから絢香さんのライヴってあんなにも良いライヴになってるんだと思います♪

自分は今までも絢香さんの曲ってヴァイオリンの使用率が高い気がしてたんですが、その話を知った時に「きっとライヴのために曲を作ってるってことはライヴでは土屋 玲子さんと言うヴァイオリニストがいるのでそれを前提に曲を作る部分もあるだろうなぁ〜〜。」って思った時にフッと思いました。

自分の中での閃きなのでそんなに凄いことでもないですよ。それに自分の憶測に過ぎない部分もあるので。(笑)

土屋 玲子さんってヴァイオリンを演奏する時に左手で弦を押さえながら(多分押さえてると思います。)そのまま左手を小刻みに震わせることがあるんですよね。多分何らかの奏法だと思われますが、何の奏法でどんな効果があるのかは今の自分にはサッパリ分かりません。(笑)良かったら見てみて下さい。何が凄いのかは今の自分には説明出来ませんけど、何か凄いですよ。

確かに土屋 玲子さんの左手の弦を押さえる動きとか見てる人ってそんなにいないかも知れませんね。でも自分もヴァイオリンを始めてから気になり出したことで以前は「土屋 玲子さんってキレイだなぁ〜〜。」って見てただけですよ。(笑)

人間は自分の環境が変わると視点も変わるんですよね〜〜♪
Posted by レイ at 2008-11-26 18:11:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック