2010-06-23

Flowersの感想

今日は予定通りに休みだったので映画Flowersを観に行ったのだ。その帰りにつけ麺を食べて帰って来たのだ。最近は結構つけ麺が好きだったりする。

って言うか、ただ単に今は梅雨の時期で蒸し暑い陽気だからラーメンは食べたくないだけなんですけどね。まぁ、暑いからこそ、熱い食べ物を食べると言う選択肢もあるけど、暑い時は冷たい物を食べたくなるのが自然だと思う。

さて、つけ麺の話はこちらに置いといて(笑)映画Flowersを観た感想を書きたいと思います。

今日はネタバレを含むのでネタバレになりそうなところは追記で書きます。

ネタバレに関係ない全体的な感想から書くとちょっと前に観に行ったRAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語と同様に個人的にはこれも最高に感動した映画でした。思わず途中で涙です。

まずはネタバレに関係ない範囲で良いと思った部分が例えば昔の時代だと白黒とかそれぞれの時代に応じて画像の感じを変えてるのが雰囲気が出てて良かった。

キャストも女優陣を中心に凄く豪華な顔ぶれですし、個人的にはストーリーも凄く良かった。

キャストは誰もがそれぞれの個性を出してて良かったですが、特に演技とか役とかで素敵だと思ったのは仲間 由紀恵さんと広末 涼子さんですね。

特に仲間 由紀恵さんはこれもちょっと前に劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルを観に行きましたがその役とは完全に反対な役でも印象的に演じてるし、見た目もその時の役とも完全に変えてるしで女優として幅広い演技が出来ると思いました。

個人的にはこの2人の役がとても素敵な役で特にこの2人が絡んでるシーンで泣きましたね。

とにかく良い映画でした。

ここからはネタバレを含むので追記で書きます。これから観に行く方でネタバレが嫌な人は続きを読むはクリックしないで下さい。

この記事を携帯電話から見てる方は続きを読むが表示されないので携帯電話から見てる方でこれから観に行く予定の方でネタバレが嫌な人はこの先の多めに取った改行スペースの後は見ないで下さい。













個人的に特に感動したシーンは以下のシーン。

仲間 由紀恵さんが演じるは身体が弱くて出産が困難と言う設定の役で1人目の子供を産んでて(この子供の成長した役が鈴木 京香さんが演じるです。)2人目の子供を妊娠します。(この2人目の子供の成長した役が広末 涼子さんが演じたです。)

仲間 由紀恵さんが演じるの旦那役はV6井ノ原 快彦ですが、旦那は「1人目がいるから2人目は産まなくても良いじゃないかexclamation&question」と言った感じでの身体のことを心配して産まないことを提案します。

それに対しては「この子に素敵な世界を見せてあげたい。」と産むことを決心します。結果としてこの選択では命を落とすわけですが、出産に向かうシーンで「大丈夫exclamation×2心配ない。」って感じで気丈にピースをするシーンなんかは涙が止まらなかったと同時に女性は強いと思った。

基本的には男性はどう足掻いても出産は出来ないので女性って本当に強いと思いました。

その子供が成長した役である広末 涼子さんが演じるも母親が亡くなった理由は知ってて「自分なんか産まれて来なければ良かったと思ったこともあるけど、今は生きてるだけで毎日が楽しい。産んでくれて感謝だよ。」って台詞も本当に泣けたと同時に自分を産んでくれた母親に感謝をしたいと思った。

が自分の子供であるに向けて書いた手紙も凄く感動して涙です。

後は蒼井 優さんの演じるが嫁に行くのに戸惑いのある中で母親に「私もお母さんみたいなことが出来るのかな。」って感じの台詞の後に母親が「あなたはお母さんの子ですから出来ますよ。」って台詞も地味ながら泣けたし、その後の父親の「腹は減ってないかexclamation&question身体は大事にしろ。」って台詞も自分の娘を嫁に出す父親の心境を不器用ながら表現してて凄く泣けた。

その後にが「お父さん、今まで育ててくれてありがとうexclamation×2」って頭を下げるシーンも泣けた。

この3人以外も凄く素敵な役を演じてましたし、とても良い映画でした。とにかくクライマックスは感動して泣きっ放しでした。

不満点はあまりないですが、敢えて言うなら観ながら人物の関係図を頭に入れておかないと時代もわりと頻繁に前後するので分かりにくい映画だと思う。なのでこれから観に行く予定の方でこの記事を読んでくれた方は事前にある程度の関係図を頭に入れておいた方がスムーズに映画を楽しめるかと思います。

観終わった後に思ったことは今の自分がこうして楽しく生きてるのも母親が自分を産んでくれたからだし、もっと遡れば自分がこうしてこの世にいるのだって先祖がいてのことなのでそう言う意味での繋がりも含めて先祖にも感謝したい気持ちになった温かくて素敵な映画でした。近いうちに先祖の墓参りにでも行きたくなりました。

後は鈴木 京香さんが煙草を吸うシーンで父親が「煙草は止めろ。身体は大事にしろ。」って言う台詞なんかも妻を亡くしたからこその台詞だと思うのでそう言うのも意識して観ると何気に良い台詞もいっぱいありました。この映画を通じて親にもらったこの身体は大事にするべきだと言うことも改めて感じました。

涙も乾かないうちに最後のエンドロールでは笑える映像もあったりでとにかく素敵な映画でした。

まだ観てない方は個人的には是非お勧めしたい映画の1つです。
posted by レイ at 23:38:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
つけ麺美味しいよね^^♪

映画みにいってきたんやね@@
Posted by みく at 2010-06-24 17:58:38
『みくちゃんへ』

つけ麺は美味しいよね!!ラーメンも好きだけど、個人的には暑い時期は熱いラーメンよりはつけ麺が良いね!!逆に寒い時期はやっぱりラーメンとか温かい物が食べたくなる。

でも自分は好きだけど、実はつめ麺とかラーメンは脂肪が多いし、塩分も多いし、何よりも自分は肥りたくないから食事のコントロールの意味でも普段はあまり食べないのだ。

映画は昨日観たこのFlowersに限ったことじゃなくて最近は映画館で色々な映画を観てるよん。最近は映画館で映画を観ることにも嵌ってるのだ!!
Posted by レイ at 2010-06-24 23:27:50
Frowesわたしもみましたよ〜
すごい感動しました(T_T)

レイさんの記事ってよみやすくてイイデスね♪

わたしもFrowesはもう1回みたいデス♪
Posted by 彩 at 2010-06-25 14:59:14
『彩さんへ』

コメントレスが遅れてすみません。

彩さんもFlowersを観ましたか!!凄く感動しますよね!!本当にクライマックスは泣きっ放しでした。

あくまでも個人的な感想ですが、「この映画を観て何も感じない人はおかしいんじゃないか!?」って思うくらい感動しました。(とは言っても人それぞれ感性や好みなどは違うのでおかしいと言うのは極端な表現ですけど。)

自分では自分の記事って読みやすいとは思ってないんですが、(笑)そう言って頂いてありがとうございます!!

自分もFlowersとRAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語は映画館で公開中にもう1回観に行きたい作品ですし、DVDで出たら絶対に買って自宅でも何度も観たい作品です!!
Posted by レイ at 2010-06-28 20:10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック