2010-07-28

上半期に観た映画ランキング

今日も仕事でしたが、明日は休みなので映画でも観に行こうっと。しかもまだ確定じゃないですが、明後日も休みになる予定なのでそうなったら前回に引き続きまた連休です。観に行く映画は予定通りにおのぼり物語踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!のどちらかの予定だけど、色々な意味で明日はおのぼり物語かなぁ。

今日は残業にはならずに自宅に帰って来れたし、明日は休みで時間もあるので今年に入ってから観た映画の個人的なベスト5的な記事にしようと思います。

本当は今は約8月なので今年の折り返し地点でもある6月が終わった時点でこの記事を書こうと思ってたんですが、なかなか時間もなかったので約1ヶ月ずれました。(笑)

それでは今年に入ってから観た映画の個人的なベスト5です。

1位:RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語
※これは本当に素晴らしい映画でした。あまりに素晴らしいので映画館に2回観に行って文庫本でも読んじゃいましたからね。感動したとかだけじゃなくて生きて行く上で欠かせないと思われる仕事のことを色々な意味で考えさせられた作品でもあります。好きなことを仕事に出来てる自分は幸せだと思った作品でもあります。

1位:Flowers
※こちらも1位ですが、RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語と同じで感動したとかだけじゃなくて自分がこの世の中に産まれたことを考えさせられた。自分が今こうしてこの世の中にいるのも先祖がいてこその話なのでそう言う意味で改めて感謝の想いが生まれた作品でもあります。その先祖にも色々な人生があったりしたのだと考えると凄く深い作品だと思います。興行的にはあまり良くなかった映画らしいですが、そんなことは全く自分には関係ない。

3位:告白
※殺人を犯すこと自体は許されるべきことではないと思いますが、「人の考え方自体は間違ってるとか間違ってないとかないんじゃないかなぁ。」って深く考えさせられた作品です。映画としても各登場人物の告白を絡めてて凄く良く出来たストーリーだったし、松 たか子さんのしっかりした演技も凄く印象的でした。

4位:ダーリンは外国人
※正直に言うと観に行く前まではそんなに期待してた作品でもなかったんですが、凄く笑えた。でも後半は一転して感動出来る展開で良い作品でした。価値観が違うもの同士のすれ違いを乗り越えてこそ、得られることもあるし、最後はハッピーエンドになる展開も凄く良かったと思います。

5位:
※前回の休みに観に行った作品でこれは原作から先に読んでるんですが、愛する人を護ることの大切さや愛することって素晴らしいと感じた作品でした。人を好きになったり、愛したりするのって素晴らしいと素直に感じた作品でした。

4位まではあまり迷わなかったんですが、5位で凄く迷いました。5位候補は他にもゴールデンスランバーソラニンボックス!劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルとあったんですが個人的にはにしました。

映画に限ったことではなく人によって感性は違うので好みはあるでしょうが、個人的に今年の上半期に観た映画のランキングはこんな感じです。

また暫くした頃にこうしたランキング的な記事も書くかも。
posted by レイ at 20:59:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
レイさん結構みにいってますね!!!

わたしはこの中だとFlowers、ダーリン、瞬みにいきましたぁ♪

こんな記事よんでても楽しいデス♪
Posted by 彩 at 2010-07-29 13:09:42
『彩さんへ』

自分は今年は結構な本数の映画を観に行ってます!!去年は映画館で映画を観たのは0なのが嘘のように今年は映画館に行きまくってますね。(笑)今年になってから映画館で映画を観る良さに改めて気が付きました!!

Flowers、ダーリンは外国人、瞬って自分も大好きですね!!個人的にはどれも良い映画だったと思います♪

そう言って頂いてありがとうございます!!そんなに頻繁にではないですが、たまにこんな感じのランキング的な記事を書きますね!!
Posted by レイ at 2010-07-30 00:06:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック