2010-10-06

バッティングセンター

今日も仕事で残業にはなりましたが、最近にしては比較的早い時間に自宅に帰って来れました。

帰って来てから夕食を食べたんですが、先日何気に買ったレトルトのもつ煮がうまい。自分は1人暮らし基本的には自炊してますが、もつ煮は作れないからなかなか食べないこともあってか本当にうまく感じた。暫くはもつ煮に嵌りそうだ。

ちなみに、自分はあまり嫌いな食べ物はないんですが内臓系はあまり好きではありません。例えば居酒屋とかでレバーの串焼きなど誰かがオーダーしたとかなら食べたりもしますが、自分から内臓系を頼むことはまずありません。しかしもつは好きです。後はタンとかハラミとかも好きですが、基本的には内臓系はあまり好きではありません。

その後にネットでプロ野球の結果を見てたら何気にバッティングセンターに行きたくなったのでマイバットを持参で行く。

自分は高校時代から使ってる木製バットと金属バットの2本を持ってます
が、大体の場合はいきなり木製バットでは打ちません。最初の2ゲーム位は金属バットで打って自分の中での感覚をある程度、掴んでから木製バットに切り替えます。今日は4ゲームやったんですが、最初の2ゲームは130q。ここで木製バットに切り替えて次の1ゲームは140q、最後は150qにしました。

結構久しぶりにバッテングセンターに行ったんですが、やっぱり良いね。今後は1週間に1回とかもっと定期的に行きたいけど、仕事が忙しいとか状況にもよるからとりあえず2週間に1回とかは定期的に行きたい。

バッティングセンターにはいくつかバットが売ってますが、打ってないインターバルの間に見てたりもしました。イチロー選手モデルの木製バットが欲しかったりもしますが、バットを持った感触と軽く振った感覚では青木 宣親選手モデルの方が自分には合ってるかも。

ホームラン賞でルーレットがバットのマスに停まれば売ってるバットの中から好きなのを貰えますが、ルーレットは完全に運だからね。

ホームラン賞自体はある程度なら狙って打てるかも知れませんが、ルーレットは運と言うことを考えると結局は買った方が安いと思うのでホームラン賞で貰うと言うのはあまり現実的ではないね。

自宅に帰って来てから何気に思ったことの1つに自分は高校時代からバッティングで打つ際に脚を軽く上げてるんですが、あまり上げない打ち方を試すのも良いかも知れない。今でもそんなに脚は上げてるわけじゃないんですが、もっと上げない打ち方を模索してみよう。

まぁ、バッティングにそこまで熱心にならなくても良いんだけど、(笑)やっぱりこう言う工夫も含めて頭で考えたことを実際に行動に移すのも楽しかったりするし、遊びとは言ってもやるからにはもっと精度を高めたいし、うまくなりたいからね。

今日は急遽バッティングセンターに行ったこともあってこんな時間の更新になりましたが、今からやることをやって寝ます。
posted by レイ at 23:30:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック