2010-11-21

机上の空論

今日は予定通りに休みだったので午前中は寝ててこれも予定通りに午後からはフォールディングバイク(折り畳み自転車)でバッティングセンターへ。

今日は日曜日ですがバッティングセンターはあまり土、日、祭日でも混み具合は関係ないと思ってたし、実際自分の中にもそう言うイメージはありました。しかし今日は凄い混んでた。

自分の自宅からは自転車で行ける距離に2つバッティングセンターがあるんですが、(1つは自転車で約20分でもう1つは自転車で5分程度。)2つとも凄い混雑。

最初はいつも行く自宅から5分程度のバッティングセンターに行ったんですが、凄い混雑だったので何とか4ゲームだけ打って自転車で約20分のバッティングセンターにも久しぶりに行ってみたらこちらも凄い混雑。

どちらも混んでるならしょうがないのでこちらのバッティングセンターで人が打ってない時を見計らって打ちましたが、混んでると順番待ちが長いからなかなか打てない。でも17時半を過ぎた辺りから一気に空いた。

この頃から集中的に打ち出したわけですがそのインターバルの間に何気に「何で17時半を過ぎた辺りから一気に空いたんだろう?」って考えた結果、自分の勝手な考えでは17時半と言う時間は家族連れで来てる人だとお父さんが今日は仕事が休みなのでいつもよりも早めの夕飯のための支度になる頃だし、恋人で来てる人だとそろそろ夕食でも食べに行く時間帯と言えるかも知れない。

何にしてもバッティングセンターも自分の大好きな平日に限る。

ただ、1つだけ混雑してる方が良いこととしてバッティングセンターの場合は混雑してると人の打ってる姿を見てる時間が多いのですよ。別に自慢ではないですが(まぁ、多少は自慢が入りますけどね。笑)130q、140q、150qとかは初めての人がそんなに簡単に打てる球速ではないので自分のようにその球速を完全に打ち返してる姿を見てて「凄いなぁ。」とか言ってる人がいるのはちょっとした満足感って言うか自己顕示欲的を強く感じれるのだけは良い事だ。

でも自分はそんな人の目はどうでも良いから自分のペースで自分の好きなだけ打ちたいのでやっぱり空いてる方が良い。今度から土、日、祭日にバッティングセンターに行く時は一応17時半頃を目安に行くと空いてて良いかも。

後はいつも気になってる事の1つによくバッティングセンターで少年野球をやってると思われる年代の子供に父親とか監督らしき人がもっとこうした方が良い的なアドバイスを熱心にしてる事もあるんですが、その肝心の父親とか監督らしき人が打ってる姿を見た事があまりない。

自分がいつも思うのはそのアドバイスをしてる父親とか監督らしき人が子供の前で打つ姿を見たいですが、何故打たないのだろうか?

考えられる理由は自分が打つお金をその分子供に打たせてあげたいと言う想いもあるのかも知れないけど、ただ単に子供の前で恥を掻きたくないからだと思う。

子供に打撃理論を言ってるならその打撃理論を自分で打席に立つ事で実践してみれば1番良い気もするけど、多分自分の打撃理論にはそんなに自信がないんじゃないかとも思える。自分はその子供に言ってる事をそのまま実践したらどうなるかと言う意味でも単純に興味があるんだけどなぁ。

確かにバッティングに限らず何事も理論を実際の行動でその理論通りに実践出来るかどうかはかなり難しい部分はある。机上の空論と言いますが、特にバッティングでは頭で考えた理論がそのまま実践で使えるかどうかは凄く難しい部分も多々あるからね。バッティングは実際にやっていく中で身体で感覚を掴む部分が多いからね。

バッティングセンターに来てる父親や監督らしき人にはそんなつもりはないのかも知れないけど、何となく口だけで行動が伴わない人ってやっぱりかっこ悪いと思いました。

バッティングセンターに来ていつも思ってる事を何気に書いてみましたが今日もバッティングセンターは楽しめたし、充実した休日でした。

さて、明日と明後日と行けばまた休みなので1日1日を大切に仕事をする意味でもとりあえず明日も目的意識を持って仕事をして来ようと思います。
posted by レイ at 21:37:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック