2010-12-16

野球のバット

今日は仕事が休みだったんですが、珍しくバッティングセンターには行きませんでした。映画館に行ったわけでもなく基本的には自宅でのんびりとしてました。

本当は今日はバッティングセンターに行こうと思ってたんですが、お昼頃に起きたら頭が痛くて何となく体調が優れない感じもしたので今日はゆっくりとする日にすることにしました。とは言っても体調が悪いわけじゃないんですが何となく身体も重い感じがしたし、念のために今日は自宅でゆっくりとすることにしました。

でも明日も休みになったので行こうと思えば明日も行けるかもね。

ってことで、今日はスーパーに買い物に行った以外は何処にも出掛けずに自宅でのんびり。自転車の掃除&メンテナンスをしたり、ネットをやったり、オンライン麻雀をやったりしてました。

それでネットをやってて何気に野球のバットのことを調べてみたりもしてたんですが、木製バットを持ってバッティングセンターに行って木製バットを折ったと言う話が結構ありました。

木製バットの質もあるし、運もあるかも知れませんが自分は未だに高校生の時に買った木製バットを使用してる。バッティングセンターの球は普通(?)の軟式球とは違うことが多いから木製バットが折れやすいと書いてありましたが自分はこの木製バットは基本的にはバッティングセンターでよく使ってたので(今はバッティングセンターだけでしか使用してない。)素材の質が良いのかも知れないし、運が良いだけなのかも知れない。

後は折れる理由の1つに野球経験者とかなら知ってると思われますが、金属バットと違って木製バットは球を打ってはいけない面と言うのがあります。それを無視すると結構簡単に折れる。ちなみに金属バットは基本的にどの面で打っても問題はないと思われます。

それ以外の理由としては木製バットはその名の通りに木製なので金属バットと同じ感覚で保存すると湿気を吸ってしまって結果的に折れやすくなったりもするのでそう言う保存知識の違いもあるかも知れませんが、自分はバッティングセンターで折ったことはありません。

さっきも書いたようにバッティングセンターの球は普通(?)の軟式球とは違うことが多いと言うこともあって金属バットを折ったと言う人もいましたけど、これも自分は今までに経験はありません。

バッティングセンターで打ってて木製バットと金属バットが折れる理由でもう1つ考えられることに今のバットって昔のバットに比べると軽いのが多いと思いますが、それも関係あるかも知れない。

木製バットにしても金属バットにしても素材の特徴があるので一概にはそうは言えない部分もありますが、軽いと言うのはその反面脆い部分もあると思う。カーボンは厳密に言えば金属ではないと思いますが、脆い部分も併せ持ってると聞いたことがあるから軽量な物は脆さもあるかも知れない。

後はバッティングの際のその人の打ち方とか打法とかも関係あるかもね。

明日も休みなので明日はバッティングセンターに行きたいけど、午後からちょっと用事もあるからどうかなぁ。用事もあるから映画館はまず無理だと思って良いだろうけど、出来ればバッティングセンターは行きたいと思ってます。
posted by レイ at 22:35:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック