2011-04-01

文庫本を購入

今日も仕事でしたが、残業にはならずに終了したので村上 春樹さんのノルウェイの森を読み終えたこともあって帰りにBOOK OFF的なお店に寄って来ました。

3種類の文庫本店内を見てて買ったのは東野 圭吾さんの悪意秘密ボブ・シャーウィンさんのICHIRO―メジャーを震撼させた男の合計3種類の文庫本です。

前回東野 圭吾さんの手紙を読んで以来、また東野 圭吾さんの作品を読みたくなったので悪意秘密を購入。

ICHIRO―メジャーを震撼させた男は店内でちょっと立ち読みしたらボブ・シャーウィンさんと言うシアトルの記者が書いた文章を翻訳家の方々が日本語に翻訳してる本でアメリカの記者の立場からイチロー選手を追っててそれが面白そうで購入。ある程度はしょうがないことだとは思いますが、日本人が書いたイチロー選手の本とは内容的にも違った感じの本でイチロー選手をあまり知らない状況で第3者から客観的に見て捉えて書いてて凄く面白そうでしかも200円と安かったので購入。

自分はよく文庫本を買いますが、これは個人的には文庫本が1番持ち運びしやすいのである程度は何処にでも手軽に持ち歩けるからです。自分は本は一気に読んでしまうこともありますが、ちょっと時間が空いた時にちょこちょこと読むことも多いので大体はいつも持ち歩いてます。となると個人的には1番かさばらずに持ち運びやすいのは文庫本になるからね。

ちなみに今日買ったこの本の中でICHIRO―メジャーを震撼させた男から1番先に読み始めました。若干理由はありますが、基本的には何故この本から読み始めたとかそう言う理由は特になく何となくです。何にしてもこうして読みたい本が一気に3種類も増えたのは非常に楽しみなことです。

自分は比較的多趣味な人間ですが最近凄く嵌ってる趣味は読書、クラシック音楽、バッティングセンターです。でも仕事に行く途中の桜の木とか咲いて来てるし、まだまだ寒い時もありますが真冬の寒さに比べたら暖かくなったように感じるし、そろそろ自転車に乗ってても快適な季節になって来た気もするね。もうちょっと暖かくなったら自転車も本格的に楽しみな季節になりそうです。

さて、明日も仕事ですが今日は残業にならなかったこともあって時間も比較的あるから今から色々と好きなことをして過ごそうと思います。
posted by レイ at 19:37:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック