2011-07-06

読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦の感想

今日も仕事で残業にはなりましたが、最近にしては比較的早く帰って来たので7月2日(土)に東京ドームに読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦を観に行った感想等を書こうと思います。

この日はわりと急遽東京に出張になったんですが、東京で業務をこなしたら仕事は終わりで良いと会長に聞いてたのでどうせなら比較的東京の近郊でプロ野球がやってないかを調べたら東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ戦があったのでプレイボールの時間を調べたら14時だったから時間的には充分に間に合う事もあって行く事にする。

チケットは東京出張が決まって東京ドームに行こうと決めた段階でボクシングジムにダイエットに来てる女性に何気に聞いたら「外野指定席で見切れ席ならあげるよ。」と言う女性がいたのでそれを貰う。どうでも良いけど、外野指定席の見切れ席とか売ってるんだね。とは言ってもただで貰うのは申し訳ないのでお礼にペットボトルのお茶をあげたから厳密には140円位掛かったとも言えるけど、そんな程度ならただで貰ったようなものだろう。

東京に行って仕事をこなして東京ドームに着いたのは約13時半。ただ、自分は普段はあまりスーツを着る仕事じゃないですがこの日はスーツで仕事をこなしたのでそのままスーツで野球観戦に行く。スーツよりも私服の方が楽なので私服を持って行って仕事が終わったら着替えようとも思ったけど、そうなると必然的に荷物が増える事にもなるので私服は持って行きませんでした。

東京ドームの見切れ席チケットにも見切れ席と言う記載がされてて「一部観えない部分がございます。」みたいな注意事項が書かれてたので「何処が観えないんだろう?」って思いつつもその席に行くとセンターの後方へ打球が飛んだ場合は柱に隠れてしまって確かに観えないけど、他は思ったよりも悪くない席でした。自分は貰ったんですが、正規に買ったら1500円と記載されてるので1500円でこの席なら悪くないとも思いました。でもやっぱり自分で買うならちょっと高くてもグランド全体が観える席にすると思うけどね。

この日は仕事はすでにこの時点で終わってるのでビールを飲む事にする。ビールが1杯800円と言うのは自分の金銭感覚で言えば高いですがチケット代は無料だし、こう言うところに来て高いとか安いとか言う方が間違ってる気がするので試合を観ながら飲む。因みに自分が確認した限りではどの銘柄のビールでも800円だったのでそれならプレミアムモルツかエビスビールにするつもりでしたが、プレミアムモルツの売り娘さんが多かった事もあって3杯共にプレミアムモルツにする。

試合開始前にプレミアムモルツを頼んでそれが飲み終えたのが3回に入ってからすぐだったのでプレミアムモルツかエビスビールの売り娘が来たら頼もうと思ってたらプレミアムモルツの売り娘さんが来たけど、偶然にもこの売り娘さんが試合前に買った売り娘さんと同じ人だったので今日は全部この売り娘さんから買おうと思って例の如く「可能ならで構わないんですが、6〜7回位にまた来てもらって良いですか?」と聞いたらOKしてくれてちゃんと6回裏に入ってから来てくれました。その時に「今日はたくさん買ってもらって有難うございます。」と言ってくれました。

東京ドームの場内試合展開は読売ジャイアンツの西村投手と中日ドラゴンズのチェン投手の投手戦で実に面白かったです。盛り上がる分には打撃戦の方が盛り上がるかも知れませんけど、自分は打撃戦になるよりもこうした投手戦の方が展開的には好きだったりします。

後は思った事の1つとして自分は中日ドラゴンズは嫌いではありませんがチームが好きと言うよりは落合監督が好きと言う感じですし、読売ジャイアンツのファンと言うわけでもないのでこうした好きなチームの試合じゃないと第3者の目から野球が楽しめるのもなかなか良いと思いました。自分の好きな東京ヤクルトスワローズの試合だとやっぱり好きなチームを応援してしまうから完全に第3者の目では観れない部分はあると思うからね。とは言ってもやっぱり自分の好きなチームの試合を観に行った方が楽しいけどね。

この日は読売ジャイアンツが勝ったんですが、試合展開としては結構楽しめました。

その後はすぐに自宅に帰らずにちょっと水道橋とか東京周辺で楽しんでから電車で自宅に帰った感じの1日でした。

今度は近いうちに東京ヤクルトスワローズ戦を観に行こうとも考えてますが、まだ仕事の休みの予定とかがはっきりと分からない部分があるのでちゃんと分かったら行く予定を立てたいと思います。
posted by レイ at 22:34:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック