2011-07-14

東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦の感想

昨日は仕事終わりに神宮球場に行ったんですが、急遽横浜に出張になったので横浜まで行って来ました。この日にも神宮球場で東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦があるのを知ってたから仕事が早く終われば行こうと思ってましたが、仕事の終わり予定は全く読めなかったので行ければ行くと言う感じで考えてました。

結局仕事が終わったのが18時過ぎ位。ほぼプレイボールの時間位に仕事が終わった事になりますが、横浜から神宮球場まで約1時間。時間的に行くかどうかでちょっと迷いましたが、一応向かう事にしました。ただ、携帯電話で試合の途中経過を見てあまりにも大差で負けてるようなら行かないと言う感じで考えてました。とは言っても昨日の先発は館山投手だったのでそこまで大差になるとは考えてなかったですけどね。因みに横浜を出た時にチェックした時は1対3で東京ヤクルトスワローズが負けてました。

時間ははっきりとは覚えてないんですが、神宮球場に着いてチケットを買って中に入ったら4回裏の途中で相川選手がエラーで出塁して東京ヤクルトスワローズが逆転した時でした。

お腹も減ってたので途中のコンビニで買ったおにぎりとパンを食べて暫くしたらビールの売り娘さんが来たからビールを注文。東京ドームに比べると若干ビールの価格が安い。とは言っても750円とかするけどね。(笑)

5回表に館山投手の投球を見ましたが、この日はコントロールがあまり良くなくて調子は良くなさそうでした。でも調子が良くない中で3失点ならとりあえずは先発としての責任は果たしたと言っても良いと思う。こう言う一流の選手は調子が良くない中でも失点を抑えてちゃんとゲームをつくれるのが凄い。自分も仕事をしてれば毎回好調と言うわけではないですが、それでもやるべき事はちゃんとやると言う意味でもこう言う良い部分は自分の仕事にも生かしたい。

その後は両チーム共にピンチがあったりもしましたが、0点が続いて9回表は林 昌勇投手が出て来たところで勝ったとも思いました。しかし自分が前回観た6月15日(水)の神宮球場での埼玉西部ライオンズ戦に比べると明らかに球のスピードが遅い。まぁ、遅いと言っても充分速いんですがその時に比べたら遅かったので一抹の不安もあった。それでその不安が的中するかのように先頭バッターにヒットを打たれて森野選手にホームランを浴びて土壇場で同点に追い付かれる。でもその後はビシッと抑えたのはさすがだし、打たれた事に関しても野球にはこう言う事もあるのでしょうがない。

9回裏から中日ドラゴンズは浅尾投手が投げてたんですが、2者連続三振も含めて3者凡退。10回表は押本投手が何とかピンチを防いだ時点で今年は3時間半ルールがあるのでとりあえずは東京ヤクルトスワローズの負けはなくなった事には一安心。

サヨナラ勝ち後の神宮球場サヨナラ勝ち後の神宮球場浅尾投手から何とか1アウト2、3塁のチャンスをつくりましたが、バレンティン選手の連続ファールの後のヒットには痺れました。ここで岩瀬投手が出ましたが、自分は浅尾投手のままの方が嫌でした。その後に満塁になった後に相川選手のヒットでサヨナラ勝ちにもまた痺れました。

後はどうでも良い事ですが、昨日は東京ヤクルトスワローズのダンスチームのPassionがミニ浴衣っぽい感じでした。夏っぽくてこれがまた可愛い。

今日は元々の予定通りに神宮球場に行くので今日も楽しんで来ようと思います。
posted by レイ at 14:15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック