2011-08-14

東京ヤクルトスワローズ対阪神タイガース戦の感想

昨日は予定通りに神宮球場での東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース戦に行って来たんですが、凄い混んでた。残念ながら東京ヤクルトスワローズはそれ程人気球団と言うわけではないのでいつもはそれ程混んでないんですが、阪神タイガース戦でお盆で土曜日で夏休みと言うのが重なった事もあってか凄く混んでた。自分の友達が一応予めチケットを取っておいた方が良いと言ってたからその通りにしたけど、大正解。

神宮球場因みに昨日はもちろん、ライト側(東京ヤクルトスワローズ側。)の外野指定席で観たんですがここの席って良いね。色々な意味で観やすい。後は指定席なので確実に席があると言うのも嬉しい。

昨日は亡くなった祖母の新盆の入りだった事もあって午前中は親戚の方々等がお焼香に来てくれたので色々と手伝い。とは言っても自分は特にやる事はなかったんですけどね。

その後に14時位に地元を出る。自分は地元から鈍行を使った場合は東京駅まで約3時間掛かると思った方が良いので神宮球場の最寄り駅の1つである信濃町駅に着いたのは約17時。でもさっきも書いたように外野指定席のチケットを持ってるので席はあるから急いで席を確保しなくても良い事もあってコンビニで買い物をして神宮球場へ入って自分の席に着いたのが約17時半。

試合展開は阪神タイガースに1点を先取されたものの最近の東京ヤクルトスワローズはあまり打ててなかったのが嘘のように2回裏に一気に5点、4回裏に畠山選手の2ランホームランで2点、5回裏にも青木先取のタイムリーヒットで1点を取る。

先発の由規投手はブルペンで投げてるのを遠くから観てた感じではあまりコントロールが良くないように思えましたが、試合が始まると安心して観てられました。

昨日は阪神タイガースの細かいミスも多かったんですが、それにつけ込んで点を取る感じなんかを観てると打線はある程度は復調して来た気もします。でも打線は水物ですし、昨日だけ良かったとも考えられるので打線が復調したかどうかは今日も含めてもう少し様子を見たい。

神宮球場に行って東京ヤクルトスワローズの応援団が言ってたのを聞いて知ったんですが林 昌勇投手が腰痛で登録抹消になってたり、昨日の試合は一見すると快勝に見えても実際に球場で観てると他にも色々と不安点もあったりします。でもそれはしょうがない事だと思いますし、東京ヤクルトスワローズに限らずどのどの球団も全く不安はないと言う事はないと思うのでそう言う意味では条件は一緒。

神宮球場での花火昨日神宮球場に行って思ったのはやっぱりこうして実際に球場に行ってプロ野球の試合を観るって良いと思いました。神宮球場恒例の花火もまた観れましたし、こうして球場でプロ野球を観るって凄く心地良い雰囲気ですし、何よりも楽しい。

今はネットカフェにいるんですが、この記事を書き終えたら神宮球場に向かおうと思います。因みに今日もライト側の外野指定席から東京ヤクルトスワローズの試合を楽しんで来たいと思います。
posted by レイ at 16:58:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック