2011-11-27

采配

冬物語とチャーンビール今日も仕事でしたが、ほぼ残業にはならずに終了したので帰りに本屋とこの前行った酒屋へ。この酒屋ではその時にも購入したチャーンビールを6缶まとめて買って来ました。6缶で998円だったので1本辺りの価格が約167円。1本だと175円だったからこうしてまとめて買うと1本辺り約8円安くなった。こうして気に入ったビールはまとめて買うとちょっとだけ安くなるから今後もこうしようと思う。後は冬物語と言うビールも1本だけ買いました。まだ飲んでないのでお風呂上りにでも飲もうと思います。

落合 博満さんの采配の本酒屋の後は本屋に寄ったんですが、そこで買ったのは元中日ドラゴンズ監督の落合 博満さんの采配と言う本。

自分は元々落合 博満さんが現役時代から大好きで監督になってからも好きな監督の1人だったのでこの本は本当に読みたいと思ってたから買って来ました。今は先日買った八日目の蝉を読んでるのでこれを読み終えたら今日買った采配を読み始めようと思います。

他にも本屋で買いたい本がいくつもあったんですが、その中でも特に読みたいと思ったのが自分の大好きな作家でもある東野 圭吾さん麒麟の翼と先日映画を観に行ったマネーボールの文庫本です。本は腐る物じゃないからまとめて全部買っても良かったんですが、色々と考えて今日は落合 博満さんの采配だけにしておきました。自分は読書も大好きなので本屋と言う空間はとにかく楽しい空間だったりする。

因みに自分は本屋で新品の本を買う際にほんの少しだけ安く買ってます。とは言っても本屋で売ってる新品の本は基本的に値引きはされてないのでもちろん、定価で買ってるから厳密には本屋では正規の価格で買ってますが結果的に少しだけ安く本を買ってます。

その方法とは聞いてしまえばなんて事はないんですが、金券ショップで図書カードを安く購入してその図書カードで本を購入すると言うだけの事です。(笑)それも金券ショップで図書カードは物凄い安く販売されてると言うわけでもないので微々たるものなんですけど、その方法を取る事によって結果的に若干安く買えます。

この方法は例えばマクドナルドによく行く人なら金券ショップでマクドナルドのカードを安く買えば結果的に若干安く買えると言うように他にも応用出来ます。まぁ、図書カードと同様に本当に若干安いと言うだけで凄く安いと言うわけではないですけどね。後は一応のために書いておくと自分はマクドナルドは滅多に行かないので自分にとってはこれはあくまで例えばの話です。

金券ショップで図書カードを買うにしても例えば3000円の図書カードよりは10000円の図書カードの方が割引率が大きいので自分は大体の場合において金券ショップでは10000円の図書カードを買います。これも本と同様に腐る物ではないし、何よりも自分のように比較的本を買う人にとっては使用頻度の高いカードとなるからね。

さて、明日も仕事ですが自分なりにしっかりと仕事をこなして来ようと思います。
posted by レイ at 20:40:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック