2012-05-30

東京ヤクルトスワローズ対北海道日本ハムファイターズ戦の感想

今日は予定通りに神宮球場での東京ヤクルトスワローズ北海道日本ハムファイターズ戦に行って来ました。その感想を書く前に東京ドームでは杉内投手があわや完全試合かと言うノーヒットノーランを達成してナゴヤドームでは10回裏に森野選手がサヨナラホームランと見所が多い日になりましたね。まずはこの2人におめでとうございます。

東京ヤクルトスワローズはと言うと0対1で負けて10連敗となりましたが最近のように投手が点を取られまくってと言う展開ではなかったですし、緊迫した良い試合だったように思います。負けたのに良い試合だったと言うのは変な話ですが(笑)先発の赤川投手は1点だけに抑えてますし、その後のピッチャーもピンチを迎えつつもきちんと後続を抑えて0点に抑えてますし、こう言う試合展開なら悪い負け方ではない。

今シーズン初登板の林 昌勇投手も完全に状態が戻ったとは言い難くピンチをつくってしまいましたが、結局は後続を抑える。自分は林 昌勇投手が戻って来たのは意外に大きいと考えてます。

打線は相変わらずチャンスはつくるもののその後にもう1本が出なかったり、(今日はチャンスで相川選手が打ちましたが、2塁ランナーの野口選手がホームでタッチアウト。)細かいミスがあったりもしましたがとにかくこう言う感じでピッチャー陣がきちんと試合をつくってくれてれば近いうちに打線も何とか機能し出すでしょう。

自分は野球に限った事だけじゃなく普段もあまり根拠のない期待はしないようにしてるんですが、近いうちに打線が何とか機能し出すと言うのは「そのうち何とかなるだろう。」みたいな楽観的憶測で言ってる訳ではなく今日の試合を観た限りでの自分なりの根拠があっての判断です。

宮本選手の2000本安打達成記念キャップと2012年5月30日(水)のチケットそれで今日の自分の行動的には予めコンビニで発券してた引換券を内野指定席Bのチケットと引き換える必要があったのでもう14時くらいには神宮球場にいました。早めに引き換えを済ませた方が自分なりに席を選ぶ余地があるし、今日は他にも割引があった日だったのでプレイボールが近付くにつれて結構混むと思ったからね。

席を選ぶと言っても「ご希望のお席はございますか?」と言われて自分が出した希望は通路側と言う希望のみ。「後ろの方のお席になってしまいますが、宜しいですか?」と言われましたが、前の方で通路に出にくい席よりは個人的にはその方が良いので「それで大丈夫です。」と答えてその席にしてもらう。その時に宮本選手の2000本安打達成記念キャップを頂きました。

宮本選手の2000本安打達成記念の下敷きとチロルチョコチケットに引き換えた後は入場時間までかなり時間もあったので1度神宮球場を後にして新宿まで出て買い物をしたりして16時半過ぎくらいに再び神宮球場に戻って来てそのまま中へ入った時に宮本選手の2000本安打達成記念下敷きとチロルチョコを配ってたので貰ってから席に着く。

その時に改めて思った事はグラウンドに近い方がより選手のプレー等を近くで楽しめるけど、グラウンド全体を見渡せると言う意味では後ろの方が良い。前の方だとどうしても視界にネットも入ってしまうけど、後ろだとネットは視界に入らないからグラウンド全体も見渡し易い。

2012年5月30日(水)の神宮球場2012年5月30日(水)の神宮球場17時40分くらいに東京ヤクルトスワローズ宮本選手の2000本安打達成記念セレモニーが開始。スコアボードに宮本選手の2000本安打への軌跡とヤクルトスワローズの監督を務めた事もある野村 克也さんから宮本選手へのコメントも寄せられててその後に北海道日本ハムファイターズ稲葉選手も一緒に2000本安打達成記念セレモニーが始まる。

ここで何と野村 克也さんご本人が登場してこの2人に花束を手渡す。野村 克也さんから宮本選手へのコメントが寄せられてた事もあってまさかご本人が来てるとは思わなかった。(笑)

因みに5回裏の終了後にはこれまたヤクルトスワローズで監督を務めた事もある若松 勉さんから宮本選手が名球会入りのジャケットを贈られるセレモニーもありました。

今日も東京ヤクルトスワローズは負けましたが宮本選手と稲葉選手の両選手にお互いのファン同士が温かい拍手を贈ってましたし、こう言う記念の試合に来れて非常に良かったと思ってます。

明日も休みで予定通りに北海道日本ハムファイターズの予告先発投手は斎藤 佑樹投手なので神宮球場に行って来ます。今日も東京ヤクルトスワローズは負けたとは言っても自分の中ではここ数試合のように無様な負け方ではなかったのでレフトの北海道日本ハムファイターズ側で観ると言うささやかな抗議行動はせずに(笑)普段通りにライトの東京ヤクルトスワローズ側で応援して来ます。

何にしても明日も楽しんで来ようと思います。
posted by レイ at 23:57:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック