2012-10-08

東京ヤクルトスワローズ今期レギュラーシーズン最終戦の感想

昨日は予定通りに神宮球場での東京ヤクルトスワローズ広島東洋カープ戦に行って来ました。

東京ヤクルトスワローズは今後もクライマックスシリーズや場合によっては日本シリーズ進出の可能性もありますが、昨日はレギュラーシーズンとしては今期最終戦。


って事で普段は神宮球場の開門時間である16時30分を目安に行く事が多い自分ですが、昨日は休みだった事もあって若干早めに行きました。とは言っても16時少し前ですけどね。

しかしこの時点で結構な列になってる。「流石に今期最終戦は混むなぁ。」なんて思ってたらまた大学野球の影響だったみたいです。(笑)でも昨日はいつもよりも混んでたのも事実。ファンクラブチケット窓口に行く段階でもいつもよりも混んでる事を実感しました。

2012年東京ヤクルトスワローズレギュラーシーズン最終戦の神宮球場のチケットチケットを買って何となく再び列を見たら物凄い事になってる。自分は列に並ぶと言う行為があまり好きではないのでこの列がなくなる位まで以前も行った外苑前駅の近くにある松屋でわざとちょっとゆっくり食事をする。

チケットを買う際に「こんなに混んでるんだ。早く並ばないと席がなくなる。」的な事を言ってた方がいましたが自分は確かに最終戦でいつもよりも混んでるとは言え、この列は大学野球による開門時間が押しての影響だと思ってたのでこの時間から並ばなくてもいつも自分が観てる辺りの座席なら確保出来ると思ってました。まぁ、この辺の読みは経験の差かも知れません。

ちょっと誤算だったのは松屋でわざとちょっとゆっくりと食事をして帰って来る頃には列はなくなってると予想してたんですが、自分が戻った段階でも列はまだ少し残ってた。でも大した列ではなかったので「この程度の列なら並ぶか。」と思って並ぶ。

2012年東京ヤクルトスワローズレギュラーシーズン最終戦の神宮球場それで球場内に入っていつも自分が観てる辺りの座席に行くと通路側は完全に埋まってましたが、ほぼ通路側の座席が空いてたのでそこの座席をゲット。この辺の読みも経験の差かも知れません。

試合内容的には広島東洋カープ側は野村投手が続投なのに対して東京ヤクルトスワローズ側はこの後のクライマックスシリーズの調整登板の意味もあってか普段とは明らかに違う継投だったと言う違いはあるにせよずっと0対0で迎えた9回表に広島東洋カープに1点を取られてそのまま東京ヤクルトスワローズは負けましたが、個人的には久しぶりに自分の好きな試合展開の「どちらが先に1点を取るか。」みたいな感じで非常に楽しめました。

今シーズンで引退が決まってる広島東洋カープ石井 琢朗選手が代打で出て来た打席では自分も含めた東京ヤクルトスワローズファンは大声援でスクワットをして応援しましたし、逆に東京ヤクルトスワローズ福地選手と宮出選手の時は広島東洋カープファンから大声援でお互いに凄く気持ちの良い応援だと思いました。

2012年東京ヤクルトスワローズレギュラーシーズン最終戦の神宮球場2012年東京ヤクルトスワローズレギュラーシーズン最終戦の神宮球場素晴らしいと思ったのが試合終了後のセレモニーも終わった後で広島東洋カープファンがクライマックスシリーズに進む東京ヤクルトスワローズに対して応援をくれた事。広島東洋カープファンの方々にありがとうの気持ちでいっぱいです。

自分は東京ヤクルトスワローズファンで広島東洋カープファンもいてと贔屓のチームを応援する気持ちがあって試合なのでそこに戦いがある訳ですが、勝ち負けを離れればお互いにチームとか関係なくプロ野球ファンと言う共通の心を持ってこうして応援出来るのって凄く素敵な事だと思います。

小川監督も「日本シリーズでここ神宮球場に再び戻って来れるように頑張ります。」的な事を言ってましたが、自分もそこを目指して応援しようと思います。

とは言ってもあくまで今シーズンの1位は読売ジャイアンツで2位は中日ドラゴンズ東京ヤクルトスワローズは色々な意味で不利な立場にいるのは変わらないので良い意味で開き直ってチャレンジャーとして試合に臨んでもらいたい。

因みに自分はクライマックスシリーズのナゴヤドームは全部が仕事なので行けませんが、ここで東京ヤクルトスワローズが勝って東京ドームに進んでチケットが取れれば行きます。

当たり前ですが、ナゴヤドーム中日ドラゴンズに負けたら今シーズンの戦いは終わるのでとりあえずはナゴヤドームでの中日ドラゴンズ戦を全力で戦って欲しい。

最後に自分がいつも買ってる神宮球場の売り子さんも昨日で引退との事。もっと続けたいと言ってましたが、プロの世界で引退とか以前にこうした身近な世界でも引退は有り得る事を改めて実感。自分も去年からこの売り子さんがいない時を除いてはずっとこの方から買ってたので来年からはいないと思うと寂しい気持ちももちろんありますが、ここは素直に新しい門出を祝おうと思います。

昨日はこの売り子さんからビールを4杯買いましたが、最後にビールを買う際に「今までお疲れ様でした。今まで美味しいビールを飲ませてもらって他愛もない会話とかも凄く楽しかったです。」と声を掛けたら涙ぐんでたのに対して球場でのこうした一期一会の出逢いの大切さも改めて感じた。

セレモニーも全て終わって球場を出る際に全く知らないファンの方に「また神宮球場での日本シリーズで会いましょう。」と言われましたが、さっきも書いたように基本的に東京ヤクルトスワローズは色々な意味で不利な立場にあるのでそれが簡単ではない事を重々承知の上で自分も「その時は是非お会いしましょう。」と言って握手して別れる。こう言うちょっとしたファンとの交流も実に良いものだ。

売り子さんも「もし日本シリーズに出る事があったらまた今年中に神宮球場でお会いしましょう。」的な事を言ってたので東京ヤクルトスワローズの選手の方々や小川監督、コーチの方々にはこうしたファンの気持ちを背負って戦ってもらいたい。

でも基本的に東京ヤクルトスワローズは不利な立場なのは変わる事はないので変な気負いは要らない。駄目で元々みたいな気持ちで全力で上位2チームにぶつかって欲しいですが、何かを背負って戦える立場にあるのは色々な意味で幸せな事だと思います。

昨日で東京ヤクルトスワローズのレギュラーシーズンは終わりましたが、まだ戦いは残ってるので自分も最後まできちんと見守りたいと思います。
posted by レイ at 20:04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック