2012-10-10

独身でローンもなし

今日は出張ではなく地元のボクシングジムにて仕事でしたが、明日は休みです。7日(日)は休みで神宮球場東京ヤクルトスワローズの今期最終戦に行って来たんですが、中2日しか経たずにまた休み。最近は比較的休みが多いのが嬉しい。

社会人は仕事をきちんとこなしてこそ、プライベートも楽しめるとは言ってもやっぱり休みの日にしか出来ない事も多いですからね。

それで最近は出張の終わりや休みの日で東京ヤクルトスワローズの試合が関東圏である度に観に行ってたんですが、数日前に仕事場であるボクシングジムにダイエットに来てる人達に「よくそんなにプロ野球観戦に行っててお金が続くね。」と言われました。

確かにそう考えてみると神宮球場の場合だと自分は東京ヤクルトスワローズ会員なので外野自由席なら毎回1000円で入れるのでチケット代としては大した金額でもないけど、自分はプロ野球観戦に行った時は最低でも球場でビールを2〜3杯位買います。

球場によってビールの価格は違いますが、球場で買うビールの価格は少なくても自分の金銭感覚では安い価格ではない。自分は基本的にアルコールを飲んでる時におつまみはなくても問題はない人であくまでもお腹が減ったら何かを食べると言うスタンスなのであまり球場内で食べ物を買う事はないんですが球場に入る前に何かを食べたり、コンビニでビールを買ったりもしてるので1回プロ野球観戦に行くとチケット代込みで最低でも4000円は使ってます。

それプラス自分は東京駅に出るまでに約3時間掛かると思った方が良い田舎に住んでるので交通費もそれなりに掛かります。って事でどんなに安く見積もっても1回プロ野球観戦に行く度に5000円以上は使ってる事になります。

まぁ、出張終わりでプロ野球観戦に行く場合は出張先までの交通費はボクシングジムで全額払ってくれるし、ホテルに泊まる必要のある場合はそのホテル代もボクシングジムで全額払ってくれるのでその分若干はお金が掛かりませんがそれでも1回プロ野球観戦に行く度に平均したら5000円以上は使ってる事になると思います。

しかも自分はきちんと数えてないので分かりませんが、今年は結構プロ野球観戦に行ってるので「よくお金が持つね。」と言うのはある意味で的を得てると思います。

でも自分では無理をして普段の生活を切り詰めてプロ野球観戦に行ってると言う意識は全くありません。かと言って自分は物凄い給料を貰ってると言う訳でもありません。自分の歳で平均年収と言うのがどれ位かは興味もないので調べた事はないですが、多分その平均年収よりも少し多い程度のレベルだと思います。とは言っても自分の場合は残業が多い時はやたらと多くてボクシングジムの会長が細かい金額まできちんとその残業代も出してくれてる事を考えるとそれを除いたら大して平均レベルと変わらないと思います。

これってよく考えてみたんですが、自分は煙草は吸わないので吸う人よりもその分お金が浮くとか自分は基本的には自炊なので普通(?)の1人暮らしの男性よりは自炊をする分お金が浮くとか雨じゃなければ自転車通勤なので交通費が掛からないとかそう言った事もあります。

因みに自転車通勤を始めた位から自分名義の車は所持してないので車に掛かる費用で負担するとすればせいぜいガソリン代程度と言うのも大きいかも知れません。

しかしそんな事よりも自分は独身でローン等は一切ないし、個人的には保険等に入ってないと言う事情の方が大きいと思います。自分の歳だと結婚してて子供もいて色々なローンや保険等を払ってると言う人も多いと思いますが、自分にはそれは一切ないですからね。

自分は好きで結婚しない訳ではないですが、(笑)結婚せずにローンや保険等の支払いもないと明らかに月々に自由に使えるお金は増えますからね。自分の結婚観を少しだけ書くと歳だからと言って周りに合わせて結婚するつもりはありません。結婚は色々な意味で縁だと思ってます。

かと言ってこうしてプロ野球観戦では使ってますが、自分はギャンブルは一切やらない事も関係してか毎月結構な額の金額も貯金も出来てます。

そう考えると結婚せずにローンや保険等の支払いもないと言うのは自由に使えるお金と言う側面から見ると悪くないと思ってます。プロ野球がシーズンオフになればプロ野球観戦も行けないのでその分更にお金は貯まるでしょう。

今日は自分なりに「よくそんなにプロ野球観戦に行っててお金が続くね。」と言う答えに対しての答えを書いてみました。
posted by レイ at 23:39:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック