2013-03-05

ゼロ・ダーク・サーティの感想

今日も休みで3連休の2日目だった訳ですが、予定通りに映画館に行って来ました。

ゼロ・ダーク・サーティフライトのどちらを観るかで迷った
んですが、上映時間の関係でゼロ・ダーク・サーティにしました。

フライトは約13時半の回でゼロ・ダーク・サーティは約14時半の回を観に行こうと思ってたんですが、休みの日は恒例のアラームを掛けずに寝たら起きたのは11時半過ぎ。

どちらも観に行ける時間と言えば観に行ける時間だったんですが、フライトを観に行く場合は若干の慌しさもあるので今日はゼロ・ダーク・サーティにしました。

ゼロ・ダーク・サーティの前売り券今日も実に天気が良くてサイクリングをするにはとても気持ちの良い日だったので自転車で行ったんですが、自宅を出たのは13時少し前頃。映画館に向かう前に金券ショップに行ってゼロ・ダーク・サーティの前売り券を1300円で購入。フライトの前売り券も売っててどうせ観に行くつもりなので購入しても良かったんですが可能性的に行けない事も有り得なくもないし、今日のように観に行く前に金券ショップに寄って買えば良いと思ったので今日は購入せず。

そのまま映画館に行ってチケットに引き換えていつもの希望を伝えたら完全にその通りになる。やっぱり平日は空いてて最高。この時点で13時半頃で上映時間まで約1時間あったのでショッピングセンターで昼食を取ったり、ぶらぶらしたりしてる時に映画でも観ながらアルコールでも飲みたい衝動に駆られましたが、自転車で来てるのでコーヒーで我慢する。(笑)

上映時間の10分位前に映画館に戻って席に着いて周りを見渡したら平日だからか公開して約3週間経ってるかは分かりませんが、かなり空いてた。

観た感想は色々な意味で結構重いテーマですが、演者さんの演技もストーリー的にもかなり見応えがあって約2時間半と言う尺の長さを全く感じさせない程でした。特にクライマックスでの行動は本当に切迫して観る事が出来て物凄い緊迫感を感じました。

ただ、最後は首謀者であるビン・ラディン達を殺害すると言う目的を果たす名目はあるにせよ、子供にとっては親に当たる人を銃で殺害するシーンは子供達の立場に立って観ると不憫に感じたけど、状況的にしょうがない事なのかも知れない。

観ててすっきりしたり、笑えたり、楽しかったと言った類の作品ではありませんがこう言う作品は観ておいて損はないと思える映画でした。

その後は映画を観る前にぶらぶらしてたショッピングセンターで買い物をして色々と見て回ったんですが、こうして見て回るのもかなり面白くていつの間にか結構時間が経ってました。ショッピングセンターを後にして近くにあるホームセンターでも買い物をして自宅に帰って来て夕食を取って今に至る。

パイプカッターの替刃因みにホームセンターで買ったのはパイプカッターの替刃です。自分のミニベロはパイプカッターでハンドル部分をカットして自分に合うように短くしてるんですが、以前スレッドヘッドをカットしててその作業終了後にカッターの替刃が割れました。

元々自分が持ってるパイプカッターは100円ショップで有名なダイソーで420円で購入した物で安い物は品質が悪いのか自分が変な方向に力を入れたせいかは不明ですが、とにかく割れました。

それで最近もう少しハンドルをカットしたいと思ってホームセンターに寄ったらそれに合う替刃が売ってたので購入。多分ダイソーで替刃を購入すれば105円で買えたと思いますがホームセンターでも158円と大して変わらないし、そもそもダイソーに行って替刃が売り切れだと今日中に作業が出来ないからね。

まぁ、厳密にはダイソーに行って売り切れだったらまたこのホームセンターに戻って来れば良いんですがそれも面倒だし、たかが50円ちょっとの差ですからね。

って事で今からはミニベロのハンドルカット作業をしようと思います。

明日は3連休の最終日ですが、バッティングセンターに行く予定です。最後にバッティングセンターに行ってから1ヶ月以上経ってるのでそう言う意味でも明日は久しぶりのバッティングセンターも楽しみです。

何にしても明日も今からのハンドルカット作業にしても楽しみたいと思います。
posted by レイ at 21:47:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック