2013-03-13

3月11日

今日も仕事で残業にはなりましたが、昨日程は遅くならずに終了したので3月11日(月)に東京ドームにWBCを観に行った時の事でも書こうと思います。

試合中に気が付いた事に関してはまた違う日に書きたいので今日はその日の自分の行動に関する記事です。

神宮バッティングドーム神宮バッティングドームこの日は13時過ぎ頃には東京にはいたんですが、東京ドームに行く前に向かった先は何と神宮バッティングドームです。実は元々地元を早めに出て神宮バッティングドームには行こうと思ってました。しかも地元からいつもバッティングセンターに行く時に持って行ってる木製のマイバットを持参です。(笑)

神宮バッティングドームに向かう前に比較的神宮球場に行った時に寄る事が多い外苑前駅の近くにある松屋で食事。その後に神宮バッティングドームに向かったんですが、着いたのは15時少し前。

自分が住んでる地元だと平日のこの時間はバッティングセンターは空いてますが、流石都会と言うべきか神宮バッティングドームにはそこそこの人がいました。とは言ってもそこまで混んでたと言う訳でもなかったですけどね。

いつも行ってる地元のバッティングセンターには実測でほぼ150qが出てるマシンがありますが、このバッティングセンターは最高球速が130qまでしかないので若干物足りなさはありました。でもバーチャル投手との対戦は面白くて何よりもいつも行くバッティングセンターよりも綺麗で快適でした。

いつも行く地元のバッティングセンターは綺麗かどうかと言う点で言えば清掃も行き届いてて汚くはないんですが、建物自体がそんなに新しくないのでどうしても古さはありますからね。

聖徳記念絵画館16時半頃まで神宮バッティングドームにいてその後は東京ドームに向かったんですが、その前に神宮バッティングドームの直ぐそばにある聖徳記念絵画館の概観だけ観てから向かいました。

この建物は今までも神宮球場に行った際に何度も観てますが、中に入った事はないので今度時間がある時に中に入ってみようと思ってます。

2013年3月11日(月)の東京ドーム東京ドームに着いたのは17時少し前。開場時間は16時だったので既に中に入れたんですが、この日は試合開始が19時だったので流石にまだ早いと思ってとりあえずはラクーアと言うショッピングセンターへ行って無印良品、ユニクロ、ヴィレッジヴァンガード、成城石井を中心に見てました。

買い物をしたのは無印良品でバウムクーヘンを2個とノートカバーと成城石井で外国のビールを2種類だけだったんですが、自分が住んでる地元にはこう言うお店はないので平日で空いてた事もあってかなり楽しかった。でも似たようなお店はありますけどね。

バウムクーヘンと外国のビールは東京ドームで野球観戦しながら飲食しようと思って購入。

2013年3月11日(月)の東京ドーム17時40分位に東京ドーム内に入ったんですが、WBCは金属探知機による検査等があって少しびっくり。もちろん、バットも持ち込めないとの事なので預かって頂く。

因みにバットに関しては元々地元から持って行くと決めた時から東京ドームに電話して預かって頂く事が出来るか等確かめて地元から持って行ったと言う経緯があります。仮に預かりは出来ないと言う事だったらわざわざ地元から持って行かなかったと思います。

中に入ったら驚く程の空きっぷり。試合開始時間になってこの時間よりは人が入って来てましたが、この日は終始空いてました。この日は良い試合で見応えもあった試合でしたが、平日で日本代表の試合でもないとなるとこんなものなのだろうか?折角の良い試合だったのにこの観客の入りは非常に勿体無く感じました。

外国のビールはシーズン中と同様に紙コップに移し替えて中で飲んだんですが、ケストリッツァー ダークと言うビールはコクもあってかなり美味しかった。

エビスビール2013年3月11日(月)の東京ドーム試合が始まる時間帯になってからは売り子さんも出て来たのでエビスビールを買って試合を楽しんでました。

試合を観てて気が付いた事はこの記事の冒頭にも書いてるように違う日に書こうと思いますが、この日は東日本大震災から2年経った日なので試合開始前に黙祷がありました。

オランダ代表やキューバ代表の方々も黙祷してくれて心から「本当に有難うございます。」と言う気分になりました。

その後はこの日の心から行って良かったと思える良い試合を楽しんで電車であるところまで移動してネットカフェに泊まって次の日の朝に地元に帰って来て午後から仕事に行ったと言う感じです。

明日も仕事ですが、残業にならなければ明日の記事でこの試合を観てて個人的に気が付いた事でも書こうと思います。
posted by レイ at 23:45:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック