2013-03-31

プロ野球開幕戦の感想

今日も仕事でしたが、ほぼ残業にはならなかったので一昨日の神宮球場での東京ヤクルトスワローズ阪神タイガース戦の開幕戦の感想を書こうと思います。

一昨日はネットカフェでブログを更新した後は若干ネットで調べてものをしてから予定通りに15時過ぎ頃にネットカフェを出る。

2013年の神宮球場での開幕戦のチケットそのまま神宮球場へ向かってチケットを買う前に列を見てみたらそこそこの列にはなってましたが、この程度なら外野自由席チケットでも充分に座席を取れると判断したので外野自由席チケットを購入する。

しかもこの程度の列なら並ばなくても大丈夫と判断したので昼食を食べてなかった事もあって列には並ばずに神宮球場に来た際に比較的よく行く外苑前駅の近くにある松屋にて食事までする余裕っぷり。(笑)

2013年の神宮球場での開幕戦の様子松屋で食事をして再び神宮球場に帰って来るとまだ列の引き込みは終わってなかったですが、ほぼ列はなくなってたに等しい感じだったので少し並んで神宮球場内へ入って席を探す。その結果はいつも観てる部分よりは若干上の方になってしまいましたが、通路側の座席をゲット。自分の今までの経験と読みがピタリと当たりました。

因みに自分は大体の場合、外野自由席扱いのポール際の内野席で観るんですがそうではなく完全に外野席と言う事で言えばこの時点ではほぼ埋まってたように思います。

でも自分はしょうがなくこの場所にしたと言う訳ではなくこの場所での観戦が好きで元々この場所の座席を狙ってたのでこれで良いのだ。

この日の神宮球場は最終的には自分が座ってた結構辺りの座席もほぼ空席はなかったような感じでしたが、この段階では通路側も含めて豊富にありました。

阪神タイガースのバッティング練習等を観ながら紙コップに移し替えた持ち込みビールを飲んでだらだらとしてる内にプレイボールの時間が近付く。

2013年の神宮球場での開幕戦の様子開幕セレモニーがありましたが、自分は日本人なので日本の国歌である君が代はやっぱり痺れる。特にこの日の国歌斉唱の秋川 雅史さんの国歌斉唱は本当に痺れた。

プレイボールした後からずっと開幕投手だった館山投手のピッチングに注目してましたが、どうもコントロールが良くない。カウントを不利にした後に苦し紛れに投げた球を狙い打たれると言った事が多いように感じていきなり2点を取られたけど、自分の内心はよく2点で済んだと思ってました。

一方の東京ヤクルトスワローズ打線は阪神タイガースの開幕投手だったメッセンジャー投手の前に完全に沈黙。

2013年の神宮球場での開幕戦の様子2013年の神宮球場での開幕戦のスコアボード5回にも阪神タイガースに1点を追加されたけど、その裏は畳み掛けて一気に同点。この瞬間は東京音頭で傘が開いて大盛り上がりでしたが、次の回からの中継ぎ陣が良くなく出て来るピッチャーが次々に打たれて大炎上。

ここまで打たれたらもう悔しいとか頭に来たとか言うよりも半笑いですよ。(笑)極端な言い方ですが1点差で負けようが30点差で負けようが同じ1敗ですし、「もうこうなったらもっと打たれて今後の為に勉強しろ。」と言う感じで観てました。

この辺に関しては若いキャッチャーである中村選手のリード的な部分もあるかも知れないけど、打たれて覚える部分も多々あると思うし、こう言う試合展開の時は中途半端よりもどうせならとことん打ち込まれた方が良い。

後はこの日は風が強かったとは言え、守備陣もエラーにはならないのも含めてポロポロポロポロとお粗末。その中でも宮本選手はやっぱり立派なプロの守備を随所に観せてくれました。

良い試合なら終電等を気にせずに最後まで試合を観て適当に何処かに泊まって次の日の朝に地元に帰ってから仕事に行こうと考えてましたが自分は東京に出るまでに鈍行だと約3時間掛かると思った方がいい場所に住んでる関係上、この日はあまりのお粗末さに8回表にも1点を取られて3対8となった時点で席を立って帰りました。まぁ、自分が神宮球場を出た後に更に1点を取られて最終的には3対9で負けたんですけどね。(笑)

「開幕戦と言う事もあって神宮球場にしては結構なお客さんが入ってる中でこんな無様な試合でプロとして恥ずかしくないのか?」と言う感じでこんな試合展開で頭に来たかと言うとそうでもなくこの日はこう言う日だったと言うだけの事。

それに昨日と今日も神宮球場阪神タイガース戦がありましたが両日共に阪神タイガース打線を完封して僅差で勝ってて改めて思った事が東京ヤクルトスワローズは結構負ける時はボロ負けで勝つ時は僅差と言う事が多い球団だったりするのである意味でこれもこのチームの特徴だし、とりあえずこの日はこう言う日だったと言う事で良いだろう。

さっきも書いたように0対1で負けても仮に0対30と言う大差で負けても同じ1敗だし、逆に1対0と言う僅差で勝っても30対0と言う大差で勝っても同じ1勝。負けるにも負け方と言うのがあるし、勝つにも同じ事は言えるけど、シーズンを通して観ればこの日はこう言う日だったで良い。

もちろん、選手は何の反省もせずにそれでは困るんだけど、その反省を次に生かしてくれれば少なくても自分はそう言う割り切りが出来る。

何にせよ昨日と今日は中継ぎ陣はそんなに投げない試合展開みたいだけど、この先中継ぎ陣がこれでは大いに困るのでこの日の事を反省して奮起して欲しいと思う。

この先も試合はあるので暫くは中継ぎ陣が使えるのか使えないのかと言う事と守備陣に注目して観て行きたいと思います。

後はこの3連戦は打線がそんなに打ててないですが、これに関しては自分は色々な意味であまり心配してません。

はっきりと言える事はボロ負けの試合でしたが、開幕戦に行った事に関しては非常に楽しかったです。

次はいつ行けるのかが不明ですがその日を楽しみにしつつ、毎日の仕事を自分なりにきちんとこなそうと思います。
posted by レイ at 21:05:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック