2013-04-19

東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦の感想

今日からは仕事ですが、既にボクシングジムの仕事としては終了。でも夕方からはスポーツジムでの仕事なのでこんな時間にブログを更新。

最後にスポーツジムに仕事に行ったのが3月26日(火)と結構久しぶりです。でもその間に自分の代わりに行ってる人もいるんですけどね。

と言う事で4月16日(火)と昨日は神宮球場での東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズ戦を観に行って来たのでその感想をまとめて書こうと思います。

2013年4月16日(火)の神宮球場一昨日は出張後に行ったんですが、出張先での仕事が終わったのは16時少し前だったので時間的には余裕を持って行けました。ただ、出張先から神宮球場までは約1時間掛かったのでチケットを買って中に入ったのは17時頃。

この日の試合展開は東京ヤクルトスワローズ村中投手、中日ドラゴンズ吉見投手の投げ合いで5回までは0対0。6回表に村中投手は1点を取られましたが、1点で抑えてれば責める事は出来ないし、立派。

2013年4月16日(火)の神宮球場それよりもとにかく打線が打てる気配が全くないので内心は「多分このまま負けたな。」って思ってたら7回裏にバレンティン選手の2ランホームランで逆転して更に代打岩村選手の犠牲フライで追加点。

こう言う一気に畳み掛ける点の取り方なんかは非常に東京ヤクルトスワローズらしいと感じましたが、とにかく打線が打てなさ過ぎる。8回表には1点差に迫られますが、その裏にバレンティン選手が2打席連続2ランホームランを放って5対2。

2013年4月16日(火)の神宮球場いくら東京ヤクルトスワローズの中継ぎ陣が崩壊してるとは言ってもこの日ばかりは余程の事がない限りこれで勝ったと思って実際にその通りになりましたが、こう言うバレンティン選手のホームランに頼った勝ち方と言うのは本来はあまり良くはない。まぁ、良くはないと言っても勝ちは勝ちで4連敗で止まったので一先ずは良しとするべき試合でした。

それで昨日は休みだったので12時頃には東京に着いてたんですが、元々有楽町で映画を観てから神宮球場に行こうと思ってました。観た映画は観たいと思ってたプラチナデータですが、この映画を観た感想は後日にしようと思います。

2013年4月18日(木)の神宮球場のチケット2013年4月18日(木)の神宮球場映画を観終わった後に神宮球場に向かって再び東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズ戦を観たんですが、昨日に関しては酷い試合過ぎてあまり書く事はない。(笑)

赤川投手はよく投げてくれたと思いますが守備陣は相変わらずポロポロポロポロとやってるし、中継ぎ陣は大炎上してるし、「キャンプやオープン戦で何を調整して来たんだ?」と言う草野球並みの試合でした。

とは言っても生のプロ野球観戦自体はとても面白いので怪我人も続出の東京ヤクルトスワローズが、仮に圧倒的な弱さで最下位を突き進んだにしてもこれからも行ける時に行くつもりですけどね。

次はあくまでも予定ですが、4月30日(火)が休みでその日は横浜スタジアム横浜DeNAベイスターズ東京ヤクルトスワローズ戦があるので今年初の横浜スタジアムに行こうと思ってます。

さて、まだ少し早いですが今から軽く身支度を整えて夕方からはスポーツジムでの仕事。スポーツジムの仕事終わりはいつも通りにそのまま施設を使わせて頂こうと思ってますが、そこでのトレーニングも個人的には結構楽しみだったりします。

何にしてもスポーツジムでも自分なりにきちんと仕事をこなして来ようと思います。
posted by レイ at 13:21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック