2013-05-17

東京ヤクルトスワローズ対埼玉西武ライオンズ戦の感想

今日は既にボクシングジムでの仕事は終わって予定通りに夕方からスポーツジムで仕事なので身支度の為に自宅に帰って来たこのタイミングでブログを更新。

って事で一昨日の15日(水)に神宮球場東京ヤクルトスワローズ埼玉西武ライオンズ戦を観に行った感想を書こうと思います。

とは言っても毎度行く度に無様な試合を観せられるのでそんなに書く事もありません。(笑)

前日の試合後はネットカフェに泊まってこのネットカフェで1番長いナイトパックで入ったんですが、出たのは14時少し前位。

東京ドームに行って少しラクーア等に寄ってぶらぶらしてから神宮球場へ。

2013年5月15日(水)の神宮球場のチケット2013年5月15日(水)の神宮球場途中のコンビニでパンやビール等を買いつつ、神宮球場に着いたのは16時30分少し前位だっただろうか。前日は内野A指定席で観ましたが、この日はいつも通りに外野自由席扱いのポール際の内野席で観る事にする。

中に入ってビールを紙コップに移し替えて席に着いたら大学野球の影響からかビジターチームのバッティング練習はやってなくてグラウンド整備をしてた。

そうこうしてる内に試合開始。この日の東京ヤクルトスワローズも相変わらず無様な試合で特に書く事はない。

2013年5月15日(水)の神宮球場東京ヤクルトスワローズのキャッチャーがファームで徳山投手とバッテリーを組んでた事が多い事も考慮してか新田選手がスタメンでキャッチャーでその新田選手のホームランで1点差に追い付いたのに点を取った直後に点を取られると言うピッチャー陣は先発した徳山投手自体はプロ初登板だし、仕方のない部分もあるとして「他は一体何をやってるんだ?」と言う感じ。

去年の交流戦でも牧田投手を打ててないし、この日は埼玉西武ライオンズの先発が牧田投手と聞いた時からほぼ負けを覚悟して行ってるので負けたのは別に良いけど、あまりにもピッチャー陣が不甲斐なさ過ぎる。キャンプやオープン戦では何を調整してたのだろうか?

でも牧田投手の綺麗なアンダースローや色々な意味での緩急の付け方等は観てて凄く面白かったです。

さて、夕方からはスポーツジムでの仕事なのでそこでも自分なりにきちんと仕事をこなして来ようと思います。
posted by レイ at 13:02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック