2013-06-06

東京ヤクルトスワローズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の感想

今日から仕事でしたが、そんなに残業にはならずに終了したので昨日の神宮球場での東京ヤクルトスワローズ東北楽天ゴールデンイーグルスとの交流戦を観に行った感想を書こうと思います。

昨日は東京に着いたのは13時半頃。欲しい雑誌があってネットで八重洲ブックセンターにはバックナンバーが置いてあると言う情報を知ったので行ってみる。結果的には自分が欲しいと思ってた号はなかったんですがこの本屋は実に綺麗だし、バックナンバーも置いてあるし、気に入った。比較的この周辺である有楽町駅の近くにある三省堂もですが、こう言う綺麗な感じな落ち着いた本屋が好きです。

2013年6月5日(水)の神宮球場のチケットと入場時に貰ったウェットティッシュ2013年6月5日(水)の神宮球場その後に遅過ぎる昼食を取って有楽町周辺をぶらぶらした後に神宮球場に向かう。神宮球場に着いたのは16時半を少し過ぎた位でチケットを購入して中に入ったらマイナビナイターと言う事でマイナビのスポンサーロゴの入ったウェットティッシュを2個貰いました。

ビールを移し替えて座席に向かうと昨日も大学野球の影響からかビジターチームのバッティング練習はやってなくてグラウンド整備等をやってました。

試合が始まるまでビールを飲みながら読書をしてましたが、今の時期の野外球場でのナイターは暑くもなく寒くもなく気持ちが良いですね。

そうこうしてる内に試合開始。東京ヤクルトスワローズ村中投手が3ランホームラン等もあっていきなり4点も取られる。まだ1回とは言え、いきなり4点のビハインドはきついと思ってたらその裏に1点だけ返す。3点差と4点差は大違いなのでこの1点がその後の逆転劇に繋がったと言えると思います。

それにしても昨日の村中投手はコントロールが本当に定まってなかった。特に序盤はストライクを取るのにも一苦労と言った感じで正直言って何点取られるかとも思ってましたが、結果的に言えばこの初回の4点だけに抑えたのも逆転劇に繋がった。

両チーム共に1回に点を取ってからは5回までは無得点で東北楽天ゴールデンイーグルスは6回表も無得点。その裏に先頭のミレッジ選手が出るとバレンティン選手のタイムリーで1点を返して畠山選手の打球がダブルプレーと思った瞬間にバレンティン選手の良いスライディングでダブルプレーはならなかったんですが、個人的にはこのプレーが大きかったと思う。

その次の相川選手の2ランホームランで同点。ファームから上がって来た荒木選手は倒れたものの川島選手から畠山選手まで怒涛の8連打。

その間に代打の代打の新田選手の逆転タイムリーあり、ミレッジ選手の満塁ホームランありで一気に8点。ただ、畠山選手はヒットこそ出てますがバッティングの調子は悪そうですね。

これで余程の事がない限りは今日は勝ったとも思いましたが、逆転して4点差になったとは言っても今年の東京ヤクルトスワローズは点を取った直後に失点する事が多いので大切なのは7回表をきちんと抑える事と思ってました。結果的に7回表も8回表もきちんと抑えましたが、こう言う感じで特に得点した直後に抑える事は色々な意味で重要だと思います。

2013年6月5日(水)の神宮球場9回に2アウトからソロホームランで1点を失ったのは反省点ですが、試合としては久しぶりにすっきりとした勝ち方が出来たと言う印象です。

ただ、本当の意味で重要なのは今後も毎試合とは言いませんが勝ち負けではなくこう言った内容の試合をある程度継続してやれるかどうかです。

因みに次は9日(日)が休み予定でその日も神宮球場で試合があるので行くつもりです。

さて、明日も仕事なので自分なりにきちんとこなして来ようと思います。
posted by レイ at 21:17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック