2013-07-02

奇跡のリンゴの感想

昨日から明日まで3連休なので今日も休みだった訳ですが、今日は映画を観に行きました。観に行った映画は奇跡のリンゴです。元々昨日の夜から観に行くならこの映画だと決めてました。

休みの日は恒例のアラームを掛けずに寝たら起きたのは約11時。この時間に起きたなら約14時の回の上映を観に行く事にする。

自宅で昼食を摂って自転車で出たのは12時半頃で先ずは金券ショップへ向かって奇跡のリンゴの前売り券を1260円で購入。そのまま映画館に行ってチケットに引き換える。その際にいつもの希望を出したら平日と言う事とこの映画は上映開始してからそこそこ経ってるのも関係してかほぼ希望通りになる。

まだ上映まで時間もあったし、いつも通りにショッピングセンターでぶらぶらとする。平日はショッピングセンターも空いてて快適。ビールフェアみたいなイベントをやってて今日は暑かった事もあって飲みたい衝動に駆られましたが(笑)自転車で来てるのでもちろん、止める。

開場時間位に映画館へ戻って映画を観たんですが、感想としては凄く良かった。決して派手さがある作品ではありませんが阿部 サダヲさんや菅野 美穂さんの演技も安心して観ていられるし、何よりもストーリーが素晴らしい。

ストーリー的には絶対に不可能と言われた無農薬林檎を育てる過程で失敗をしながら最後には奇跡を成し遂げると言うある意味では特に珍しい訳ではないんですが、その過程が本当に素晴らしい。この素晴らしさは主演の2人の演技的な部分もあるだろうし、この2人の間に生まれた子役3人の演技的な部分もあると思う。そう言う意味ではキャストが上手くマッチングしてると思う。

夫をきちんと支える妻や周りの理解等観てて凄く感動するし、非常に良い映画だと思いました。

敢えて言うなら基本的に東北弁なので台詞的に聞き難い部分もありましたが、その辺はマイナスポイントはならない。

さっきも書いたように映画としては決して派手な作品ではありませんが、こう言うストーリーは日本人的な素晴らしさを大いに感じる事が出来ると思う。

その後はBOOK OFF的な本屋へ。特に何かを買う為に行った訳ではないんですが自分は読書が好きだし、読む本が無くなって来たので行ったと言う感じです。

Tarzanと東野 圭吾のダイイング・アイの文庫本それで色々と店内を見てたら本ではなく雑誌ですが、Tarzanが売ってたので立ち読みをして興味のある号を4冊購入。因みに1冊105円なので4冊で420円。それプラス自分の好きな東野 圭吾さんダイイング・アイを購入。こちらは200円だったのでTarzanを4冊と合計して620円。

今から最近凝ってるウイスキーでも飲みながらとりあえずは今日買ったTarzanでも読もうと思ってます。

明日は3連休の最終日ですが、横浜スタジアム横浜DeNAベイスターズ東京ヤクルトスワローズ戦を観に行くかどうかはまだ決めてません。やっぱりその次の日である明後日は仕事なんですが、その日は出勤時間が結構早いのでそれがネックになってます。まぁ、明日の自分の気分と天気と今日の試合次第で行くかも知れないし、止めるかも知れない。

何にせよ、明日は3連休の最終日なので自分なりに楽しみたいと思います。
posted by レイ at 20:04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック