2013-09-13

コーラスラインの感想

今日からは仕事でしたが、そんなに残業にもならずに終了したので一昨日の休みに劇団四季コーラスラインを観に行った感想を書こうと思います。

この日は自分1人で行った訳ではなく女性と行ったんですが、12時頃に浜松町で待ち合わせ。浜松町は比較的サラリーマンやOLが多い街でこの時間は完全にランチタイムとぶつかってる事もあって元々打ち合わせの段階で公演前はコンビニで何か買って適当に何処かで食べてランチとしては公演後に遅過ぎるランチとして食べようと決めてました。

因みに自分は結構昔に劇団四季ライオンキングを観に行っててドレスコードは特にない事を知ってましたが、結構昔の時代の話なので一応ネットでも調べてみると今も特にないとの事。

とは言っても打ち合わせの段階でドレスコードはなしだけど、どうせ行くならある程度はきちんとした格好で行こう的な話になってて当日はこの女性はきちんとした感じのワンピースで着て来てくれました。

自分はスーツですが、上等なスーツではなく普段の仕事でもたまに使ってるスーツで行きました。とは言っても余りにも堅苦しいのも嫌なのでネクタイはなし。

お互いにドレスコードはないとは言っても「折角観に行くんだし。」と言う事で意見が一致したんですが観客は普通にジーンズにTシャツと言う方もいたし、自分達のようにそこそこきちんとした服装の方もいたし、結構ビシッと決めてた方もいたので本来は何でも良いんだと思います。

開場は13時で開演は13時半だったんですが、自由劇場に着いたのは12時40分頃。話をしながらコンビニで買った軽食を食べてお互いに缶ビールを飲んでる間に開場。自分もですが、この女性もアルコールが好きなのですよ。(笑)

自由劇場2013年9月11日(水)の2013年9月11日(水)のコーラスラインでの配布物中に入ってから2時間半の公演と言う事と途中で休憩はないとの事だったのでお互いにお手洗いに行ったりして席に座り会話をしてる間に開演したんですが、こう言うところの係員は全ての動作や言葉遣いに品があって素晴らしいと思いました。それ言う品とか会場の雰囲気も含めた価格なんでしょうね。自分も日頃からこうした部分で見習うべきところは見習おうと思います。

コーラスラインは自分は観た事はなくほぼ知識もなかったので事前にネットで最低限の知識程度は知って観たんですが、かなり面白くて感動した。映画も良いけど、こうした観劇ならではの生の迫力等も充分に堪能出来ましたし、稽古をこなしてる事もあって最後の方のダンスシーンで皆のダンスがぴったりと揃ってる事に美しさを感じました。

この後に食事に行ったんですが、公演が終わったのが16時過ぎともはや既にランチとは言い難い時間なので(笑)早過ぎるディナーと言う事にしました。

しかしここで自分のリサーチ不足と言うよりミスがあって営業してると思ってたお店がこの中途半端な時間だとやってなかった。しかもこの時間に浜松町近辺でやってるお店がない。探せばあるんでしょうが、自分の中で女性はあまり歩かせたくないと言う意識があって(特にこの日に一緒に行った女性はヒールを履いてた事もある。)急遽電車で有楽町に移動して有楽町で早過ぎるディナー。

自分は有楽町が好きで比較的よく行く街なのでこの辺なら浜松町よりは知ってるのですよ。

最初の1杯は自分はビール、一緒に行った女性は生レモンサワーを頼みましたがもうその後からは完全に2人共日本酒モードに入ったので後はひたすら最後まで日本酒。多分このお店に4時間ちょっといたんではないでしょうか?(笑)

その間、今日のコーラスラインの感想も含めて色々な話をしてましたが凄く充実したディナーとなりました。充実したディナーと言うよりもこの日1日自体が凄く良い日となりました。

反省点は自分のお店のリサーチ不足だった事ですね。ネットで営業時間を調べた限りではやってるはずだったんですが、念の為に電話で営業時間を完全に確認しておくべきでした。でも非常に楽しい1日となりました。

凄く良かったのでまたこうした観劇にも行こうと思います。

さて、明日も仕事ですが自分なりにきちんと仕事をこなそうと思います。
posted by レイ at 19:57:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック