2014-04-23

アナと雪の女王の感想

今日も仕事で残業にはなりましたが、22時半位には自宅に帰って来てて昨日等に比べたらまだ比較的時間もあるので一昨日の休みに観に行ったアナと雪の女王の感想を書こうと思います。

自分は元々1人での行動は苦にならない性格の人間ですが、この日は女性と一緒に行きました。

本当は1人で行くつもりだったんですが、自分が働いてるボクシングジムにダイエットに来てる女性に何となく「アナと雪の女王って男1人で観に行っても変じゃないよね?」みたいな質問をしたら「いや、男1人で観に来てる人はあまりいなかったよ。」的な返事が帰って来た。(笑)それも1人だけがそう言ったのではなく3人位の人がそう言ってました。と言う事で急遽女性を誘って行く事にしました。

当日は15時位に待ち合わせて先ずはお洒落な感じの定食屋みたいなお店で遅過ぎる昼食を摂ってから17時近い上映の回を観に行きました。

この映画を観た感想ですが、凄く楽しめた。CG的にも美しくてストーリー的にも感動シーンあり、笑いのシーンもありで本当に楽しかったです。本編の上映前に白黒(途中でCGのカラー映像との混合にもなります。)のミッキーミニーの映像もおまけ的な感じで楽しめた。

人によって考え方は様々でしょうが、記録的な大ヒットする映画にはそれなりの理由があるんだと感じた良い作品でした。

感想としては自分は17時近い上映の回と言う事もあって空いてましたが、確かにボクシングジムにダイエットに来てる女性が言ったように男性が1人で観に来てると言うのはあまりいなかったように思います。でもこの作品はそんな事とは関係なく1度観ておいた方が良いように思います。

上映が終わったのは約19時だったのでそれから見た目は結構高級なバーに飲みに行く。このバーは初めて行ったんですが、見た目の高級感とは裏腹に意外に料金は高くなく(とは言っても料金的には平均的なバーと同じ程度で特別安いと言う訳ではない。)先にレジでドリンク代やフード代を払って店員がそれをテーブルまで持って来てくれると言うシステムのバーでお店も広く綺麗でお洒落で結構良い感じ。

と言うのも自分の世代だとこう言う時は男が支払うと言う感覚は当たり前だったりして事実自分の中でもそう言う認識はあります。これは世代にもよるのでこの感覚は良くもあり、悪い面もあるんでしょうが少なくても自分の世代の男性だと割り勘と言うよりは男が支払うと言う感覚は当たり前だったりします。

まぁ、女性が割り勘と言った場合は色々な意味での心理的な負担を考慮してそうする事もありますが基本的には男が支払うと言う感覚が当たり前の世代だったりします。特にこの日のように自分から誘ってる場合は余計にそう言う意識はあります。

そう言う時に退店時にお金を払う通常(?)のシステムだと相手にどの位の金額を飲食に使ったのかが分かります。そうさせない為にそろそろ出ようか的な雰囲気の時にお手洗い等の理由を付けて席を立ち、その隙に料金を払ってしまうと言う方法もあって事実この日も昼食の支払いの時はそうしてます。

相手にどの位の金額を飲食に使ったのかが分かってしまうのは個人的にはあまり良いとは思いませんがこのバーのように前払い制だとその都度、注文してお金を払って退店時には「ご馳走様でした。」と言って出て行くだけなのでそう言う事がありません。

初めて行ったお店でしたが、そう言う意味でも良いお店だったと思います。

何にしてもこの日は一緒に行った女性の影響もあって凄く楽しめました。

明日も仕事ですが、自分なりにきちんと仕事をこなして来ようと思います。
posted by レイ at 23:31:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック