2015-01-21

歯医者

昨日は休みだったんですが、飲みに行く前の夕方位に歯医者に行って来た。

かなり前に治療した時の歯の詰め物が1ヶ月位前に取れたので歯医者に行ったんですが「その部分の状況を知りたいのでレントゲンを撮りましょう。」的な事を言われて撮った結果、神経も含めて状況的にはそんなに良くないらしい。

歯医者に行ったのが多分最後に行ってから最低でも6年は経ってる程の久しぶりなんですが、少なくてもこの歯医者に関して言えば治療方針は出来るだけ神経や歯等が良くないから抜くと言う少し前のスタイルとは違って出来るだけ神経や歯は抜かずに治療すると言ったスタイルらしい。

もちろん、状況的に医師が抜いた方が良いと判断した場合や患者が抜いて欲しいと言うなら抜くらしいですがそうでなければなるべく抜かない治療を基本としてるらしい。

って事で今後の方針としては抜かずに治療すると言う事になってそれは良かったんですが、それでも歯医者は正直に言うと嫌い。(笑)

何が嫌かって治療中に口の中に何か機械を入れて治療してる時の音や振動。普通に生活してる上で誰かに口の中に何かを入れられると言う事自体がそんなに多くないと言うのと治療中にずっと口を開けてる違和感。意外にもずっと口を開けてるのは疲れる事を知った。

後はそんなに激痛ではないけど、地味に痛い。治療中に「痛かったら左手を挙げて下さいね。」って言われたけど、地味に痛いだけであって激痛ではないので左手を挙げる程でもない。しかし、地味に痛い事に変わりはないし、あの機械のキュイーンって感じの音と振動とが苦手。

自分の知り合いに歯医者が好きと言う人が数人要るけど、何が好きなのか意味が分からない。敢えて無理矢理楽しみを探すなら自分が昨日行った歯医者に関しては院長も含めて全員が女性なので「ナース服って可愛いなぁ。」って思える位しか楽しみはない。

自分は歯並びが良くない事もあってか歯と歯の間に若干歯石が溜まってるとの事なのでそれを取って貰いつつ、詰め物が取れた部分の神経や歯も治療する方向性で今後も暫く通う事になりますが実に行きたくない。(笑)

肋骨の骨折をしたりして何となく最近は医者に行く事が多いですが、歯医者は本当に嫌だ。

因みに肋骨の骨折は完治迄2ヶ月程度と言われててそろそろその月日が経った頃なのでこちらも時間を見付けて診察を受けたい。

痛みはもう全く無いし、そろそろ完治した頃でしょうけど、自分で判断せずに一応きちんと医師に診察して頂いて完治としたい。

今日は仕事でしたが、そんなに残業にはならずに終了した事もあってまだ時間はあるので今からゆっくりと出来るのが何気に楽しみだったりする。
posted by レイ at 19:54:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック