2015-06-25

煙草を吸わない理由

煙草は吸わないんですが、極稀に「何故吸わないのですか?」的な事を聞かれる事がある。

もちろん、昔プロボクサーだったと言う事もありますがそれは理由にはならない。何故なら昔プロボクサーでも今は吸ってる人も居るからである。因みに現役のプロボクサーでも吸ってる人も居るけど、知ってる限りではあまり居ない。ただ、普段は吸ってる方も試合の1ヶ月半〜2ヶ月位前から禁煙する人は多い。

理由はやっぱり煙草を吸うと息切れがしてその結果、無駄なスタミナをロスするからだろう。ボクシングはマラソンやサッカーのように持久系スポーツに似てる部分がある。毎試合1ラウンドでKOが出来るのならそんなに気にしなくても良いだろうけど、そんな人はそうは居ない。

では何故自分は煙草は吸わなかったのかと言ったらウイスキーやワインや日本料理等の精細な味が分からなくなるとかっこ良く言いたい所ですが、(笑)単純に吸いたいと思う切っ掛けがなかったに過ぎない。

以前ネットで何気に煙草を吸い出した切っ掛けのアンケートを目にした事がありましたが、確か1番多かったのが吸ってる姿を見てかっこ良く思えただったと思う。しかし個人的には今迄煙草を吸ってる人を見てかっこ良いと思った事が殆どない。

今はテレビはほぼ見ませんが、昔はドラマ等も見ててイケメンが煙草を吸ってても格好良いと思った事がほぼない。

まぁ、これに関して言えば人それぞれなので格好良いと思う人も居れば自分のようにそう思わない人も居るし、人それぞれなので別にどちらでも良いだろう。

2位は何となくだったように思う。だったら何となく吸わずに今迄生きて来たと言う逆の言い方も出来るだろう。

3位はストレス解消だったように思うけど、この意見は懐疑的である。何故なら吸った事もない状況において煙草を吸う事がストレス解消になると分かる人は居ない。

何にしても個人的には仕事でもプライベートでもストレスを感じた事はあまりないのであまり関係ない。

と言う事で大雑把に言えば吸い始めた切っ掛けって多分生きて来た環境によるのではないだろうか。それが習慣化してニコチン中毒に陥り今でもずっと吸ってると言うのが殆どではないだろうか。

極端過ぎる例えですがヤンキーの友達ばかりと言う環境だったら吸う人が多いと思われるのでそれに影響されてその人も吸うようになる可能性は非常に高いし、本格的にマラソンやサッカーをやってる友達ばかりと言う環境では吸わない可能性は限りなく高くなるように思う。

自分の場合で言えば別にヤンキーの友達は居なかったけど、(笑)父親が昔は吸ってた。昔はと書いたのは今は完全に禁煙してるからである。と言っても病院に行ってニコチンパッチみたいな物を処方してもらってやっと止められたと言う感じ。

女性であれば妊娠等で止める切っ掛けもあるかも知れないけど、男性は吸う事が習慣化した場合はなかなか難しいだろう。良い事も悪い事も習慣化すると止めるのは難しい。

逆に言えば多分ですが、そう言う物に頼らなければ今でも止めてないと思うので煙草を吸う事によるニコチン依存って凄いと思うと同時に理由は何にせよ、吸わないで今迄生きて来れた事に感謝。

今迄考えた事もなかったけど、吸わないで今迄の人生を生きて来た理由は不明。でも個人的には煙草に関して言えば着てる服や口臭が臭い方が多い事もあってあまり良いイメージがないし、一時的なストレス解消効果以外のメリットはあまりないと思ってるのでこれからの人生で考え方が180度変わらない限り吸う事もないだろう。

と言っても煙草は違法な物ではなく正式に堂々と売られてる以上はマナーを守って吸う限りは問題はないので吸ってる人を否定するつもりもない。
posted by レイ at 21:08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック