2015-04-19

東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNAベイスターズ戦の感想

今日も仕事でしたが、そんなに残業にならずに終了。

と言う事で一昨日神宮球場東京ヤクルトスワローズ横浜DeNAベイスターズ戦を観に行った感想。

いつもは行く時は外苑前駅か青山一丁目駅を使う事が多いんですがこの日は神宮球場に行く前に行ってた場所の関係上、珍しく信濃町駅を使って改札を通った時点で多分17時頃だったように思う。駅の外に出たら大雨と迄はいかないけど、それなりの雨。(笑)

一応天気予報では一時雨となってたので傘を持ってましたが、それよりも中止が心配だった。仮に中止だったら東京に出る迄に3時間掛かると思っておいた方が良い場所に住んでる自分には色々な意味でダメージが大きい。と言っても今迄の経験上ではもっと酷くなったら別にしてこの程度の雨なら中止はないと思ってた。

2015年4月17日(金)の神宮球場のチケット2015年4月17日(金)の神宮球場それで神宮球場に着いてチケットを買って中に入ると20分遅れで試合を開始するとあったのでとりあえずは一安心。

中に入った段階ではまだ雨がそこそこ降ってて殆どの観客はコンコースで雨宿りしてた事もあって割と前の方の座席をゲット。本当は最前列もキープ出来たけど、この日の状況から色々と考えて最前列は止めた。

この日の先発ピッチャーだった小川投手はオープン戦最後の登板での神宮球場で結構失点してて新しくなった神宮球場のマウンドが合わないと言うニュースを何処かで目にしてる事もあってそれを気にして観てましたが、結果的に言えば7回1アウト迄完全試合と何の心配もなかった。

と言うか小川投手は今迄も調整しながら適応してるので元々そんなに心配はしてなかったんですが、良い意味で自分の気苦労で終わった。

2015年4月17日(金)の神宮球場2015年4月17日(金)の神宮球場打線は今の所は去年に比べたら破壊力はないですが、それでも6回裏に一気に3点を取る辺りは立派と言うか東京ヤクルトスワローズらしい攻撃と言う気もする。

この3点の段階でほぼ勝利を確信。野球は最後迄分からないとは言ってもこの日の小川投手の出来を観てればいきなり大乱調はほぼないだろうと思ってたし、仮にそうなったにしても今の所は今年の中継ぎ陣やセットアッパーやクローザーは基本的には安心して観ていられる。

2015年4月17日(金)の神宮球場この日に中日ドラゴンズが敗れた為に東京ヤクルトスワローズが単独首位に立ったと言ってましたが、今の時期に単独首位でも仮に最下位でも大して気にはしてなくそれよりも今は内容。

今は投手陣も12球団トップの防御率ですが、まだまだシーズンは始まったばかりなのでそれも今後どうなるかは誰にも分からない。でもはっきりと言える事は去年の同時期と比べたら投手陣は格段に良くて本当に安心して観ていられる。

守備の名手と聞いてただけに9回の守備で大引選手が既に3つ目のエラーを記録したのが気になりますが、結果的にそうなってるだけで基本的に打球に対する反応等の守備の動きそのものは非常に安心出来る。

後は田中 浩康選手の外野守備は今シーズンになってから本格的に挑戦してるらしいですが、元々守備のセンスが良いのか無難所か随所に良いプレーを魅せてくれてる。

因みに試合が始まってからも何度か雨に襲われましたが、中断もなく無事に試合終了。

来週も神宮球場で試合があるので休みなら行きたい所ですが相手が人気球団の読売ジャイアンツでしかも開催日が金、土、日なので行くなら近日中に指定席チケットを確保したい。
posted by レイ at 20:18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ

2015-04-11

東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦の感想

今日も仕事でしたが、そんなに残業にならずに終了したので一昨日神宮球場に行った感想。

元々は明日の12日(日)が休みだったんですが、急遽この日が休みとなったので迷った末に神宮球場に行く事にした。

新垣投手が観たかったと言うよりはただ単に東京ヤクルトスワローズの試合が観たかったので行ったんですが新垣投手はファームで良い成績を残してたとは言え、正直に言うと結果的に2失点で抑えるとは全く考えてなかった。

2015年4月9日(木)の神宮球場のチケット2015年4月9日(木)の神宮球場色々な状況から考えて神宮球場開幕戦の時と違ってこの日はぎりぎりに言ってもチケットが売り切れと言う事はないと考えて東京駅周辺でご飯を食べたり、色々と見たりして神宮球場に着いたのは17時10分頃。チケットを購入して中に入ったのは20分位。予想通りに席は空いてた。(笑)

座席に着いて何となく辺りを見渡すといつもより女性がやけに多いように感じた。試合が始まってからその女性の何人かは新垣投手の応援ボード等を出してたので新垣投手ファンだと判明。

その新垣投手は思ったよりと言ったら凄く失礼ですが、なかなか良かった。自分の中での新垣投手と言えばフォアボールを連発した上に甘い球を打たれるとか暴投して点を与えると言うイメージですが、この日に関してはそんな事もなかった。

別にコントロールが素晴らしかったとは思いませんが、新垣投手の持ち味はコントロールではないのでそれは別に良くスライダーが凄く良かった。

と言っても自分の座ってる席からは投げた球種やコース等は細かくは判別出来ませんが、時々ハイライトシーンがスコアボードに映し出された時に中日ドラゴンズの選手が見逃せばボールになるコースに手を出して空振りしてたので結構スライダーが良かったんだと思う。

4回表のノーアウト満塁は2点程度は覚悟したけど、結果0点に抑えた。次の回の5回表に2点を先取されてその裏に代打を送られたけど、結果的に5回2失点なら充分に試合をつくったと言える。その裏に一気に畳み掛けて3点を取ってこの時点で新垣投手の勝利投手の権利が発生。

後の4回もリリーフ陣が0点に抑えて新垣投手が東京ヤクルトスワローズでの初勝利。ヒーローインタビューやその後の嬉しそうな笑顔が印象的だった。

今日の東京ドームでの読売ジャイアンツ戦は1対2で負けたみたいですが、開幕から14試合連続3失点以下の日本記録を更新したように今の所は今年のピッチャー陣は本当に安心して見ていられる。

今年の東京ヤクルトスワローズの負け試合はすべて1点差負けでそれを接戦に弱いと言う考え方もありますが今の時期の結果はどうでも良いとは言わない迄も個人的にはそれ程、重視してない。それよりもピッチャー陣が良い事が何よりも嬉しい。

試合観戦をしてて投手陣が大炎上で特に序盤に大差が付いてると観る気がなくなるのでそう言う意味でも嬉しいし、(笑)その後も出るピッチャーもまた大炎上と言った事がないので逆転の可能性も去年よりは多いように思う。

今の所は個人的に好きな落合 博満さん中日ドラゴンズの監督をされてた頃に似てるように思う。

と言ってもまだ14試合しか終わってないので今の時期だけの成績で短絡的に判断は出来ないし、判断しない方が良いだろう。
posted by レイ at 22:32:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ

2015-04-01

2015年 神宮球場開幕戦の感想

昨日は神宮球場に行ったんですが、行く時に電車内でスマートフォンで情報を確認したら外野自由席は売り切れとあったのでこの時点でスワローズクルー会員特典の外野自由席招待券に+2100円して内野A指定席で見る事を決定。

厳密に言えば阪神タイガース側のレフト側の自由席は空きがあるとなってたけど、自分は東京ヤクルトスワローズファンだし、並ぶのも面倒と言う事でこの時点で内野A指定席で観る事を決定。

開幕戦と言っても比率で考えると普通(?)の人は仕事をしてる人が多いと思われるので自由席で何とかなると思ってたけど、甘かったか。(笑)

神宮球場周辺の桜2015年3月31日(火)の神宮球場のチケットとスワローズクルー会員証外苑前駅に着いて先ずはチケット売り場に行ったら情報の通りだったので外野自由席招待券に+2100円して内野A指定席のチケットをゲット。この時点でチケットを無くさない限りは座席がある事が確定されたので一旦神宮球場を離れて食事とかしてた。

因みに「席は前からお出ししても宜しいですか?」と聞かれたので「上の方になってしまっても構わないので出来れば通路側でお願いします。」と希望を伝えた事もあって上の方の完全に通路側で観戦しましたが、ここの席はネットが目に入らずグラウンド全体が観易いと言うメリットはある。

よく考えると内野A指定席は読売ジャイアンツ阪神タイガース戦に限ってはスワローズクルー会員でも3500円するので2100円で内野A指定席で観れた事になるのでなかなかお得。

ブログに書いてない事が判明しましたが、今年もスワローズクルー会員は入会しててレギュラーなので特典として付いて来た外野自由席招待券は1枚だからもう使い切った事になる。(笑)

2015年3月31日(火)の神宮球場での配布物2015年3月31日(火)の神宮球場での配布物座席がある事は確定されたので球場内に入ったのは17時頃。本当は座席は絶対にあるのでもっと遅くても良かったんですが、やっぱり本拠地開幕戦だと色々とセレモニーとかあるので17時位には座席に着いてビールを飲んだりしてた。

この時に来賓者受付に向かってスーツ姿で歩いてる前監督の小川 淳司さんにお会いしたけど、相変わらず素敵な笑顔だった。

開幕セレモニー等の後に試合開始。あくまでもオープン戦の成績では成瀬投手は心配してたんですが、いきなり3失点。

ただ、初回はもっと取られてもおかしくなかったと思うし、その後の回もピンチを迎えつつも無失点で抑えたのがこの後の逆転に繋がったように思う。

と言うのも能見投手は凄く良い投手と言うのを前提での話なんですが、マツダスタジアムでのプロ野球開幕戦の2戦目のジョンソン投手や3戦目の黒田投手を見て来ててその2人と比べたら能見投手は対戦データがあるので何とか3失点で抑えててくれれば逆転も充分に有り得るとは思ってた。

でも能見投手からそんなに点を取れるとは思ってないので4点目を取られてたら恐らくもう試合は終わってたと言っても過言ではない。

他に観戦してて気が付いた事はいくつもありますが、大きく言うと雄平選手がきちんと振れてる事と北海道日本ハムファイターズからFAで移籍して来た大引選手は既にエラーが2つと多い気がしないでもない。

まぁ、結果的に既にエラーが2つですが昨日は要所でファインプレーも連発してますし、打球に対する動きは安定感があって安心出来るのでそんなに心配はしてない。

まだ今シーズンが開幕して4試合が終わったに過ぎないので今の段階では何とも言えませんが、去年の投手陣が揃って大炎上と言う状況に比べれば今年はそれなりに期待が持てる。

やっぱりプロ野球観戦は楽しいので神宮球場を中心にまた行こうと思う。
posted by レイ at 19:12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ

2014-11-15

法政大学交響楽団 第132回定期演奏会の感想

凄くどうでも良い事ですが、昨日の夜位から左側の肋骨の1番下の辺りが痛い。因みにぶつけたとかそう言う記憶は全くないし、スパーリングやもちろん、誰かと喧嘩してボディブローを打たれたとか言う訳でもない。(笑)

話は変わって今日は予定通りに休みだったので基本的には何処にも出掛けずに自宅でゆっくりと過ごす。

とは言っても自転車のメンテナンスや自宅の掃除、洗濯等はしたので1日中だらだらとしてた訳でもないんですがスーパーに買い物に行った以外は何処にも外出してない。

法政大学交響楽団 第132回定期演奏会のチラシでもブログの更新はこんな時間になってしまいましたが、今日は時間もあるので先日行った法政大学交響楽団 第132回定期演奏会の感想を書こうと思う。

開場時間は17時30分だったんですが、東京芸術劇場は初めて行く会場と言う事もあって迷う事も考えて16時頃には最寄り駅の池袋に到着。自分は初めて行く所に関しては予めネットで場所を調べて行くんですが、それでも迷う事はあるので一応早めに着くように時間設定。早めに着いたなら着いたで現地で楽しめば良い。

自分は基本的には何事も時間に余裕を持って行動したい人間なのですよ。時間に余裕が無いとどうしても時間に追われる感じとなってどうしても心や行動に余裕が無くなる。特にこの日はクラシックコンサートなのでそれを聴く上で自分の中では余計にそう言う自体は避けたい。

結果的には迷う事もなくあっさりと到着。(笑)開場時間迄結構あったので池袋周辺をうろうろとしてましたが、この会場は池袋の雑踏とした感じとは全く違う落ち着いた凄く綺麗な会場だった。

法政大学交響楽団 第132回定期演奏会のチケット法政大学交響楽団 第132回定期演奏会の配布物開場してからこの日招待して頂いた方へのプレゼントを預かり所に託して1度自分の席を確認してから会場内を見てましたが、客席や舞台等も含めて実に綺麗な会場。

始まってからは凄く素敵なコンサートだったの一言。特に自分の中ではチャイコフスキーくるみ割り人形のフィナーレである花の踊りは圧巻だった。

後日このコンサートに招待してくれた方に会って話す機会があって「学生の交響楽団なので拙い部分もあったかと思います。」と謙遜してましたが、そんな事はない。

確かに一流の交響楽団と比べたらそう言う部分もあるんでしょうが、チケット代が800円でもお客様の前で演奏するからにはプロで皆この日の為に練習を重ねてこの日を迎えたと思うので立派な皆良い演奏をしてたと感じる。

後、1つ思ったのが自分が招待してくれた人もですがクラシックをやってる人には若い人でも言葉遣い等にちゃらちゃらした部分があまり無くそう言う意味でも凄く立派だと感じた。環境が人をつくる的な諺があるけど、まさにそうなのではないかと感じた。そう言う人達が揃ってこう言うコンサートを開いてるんだから立派な演奏となって当たり前とも感じた。

再びクラシック音楽にも目覚めてしまった感があるので是非次の機会もクラシックコンサートに足を運びたい。
posted by レイ at 23:32:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ

2014-09-07

神宮球場

最近は忙しかったですが、予定通りに今日はもう自宅に帰って来れた。

こんな時間に自宅に帰って来てるのは結構久しぶりの気がする。(笑)仕事終わりで飲みに行ってたりもしましたが、こんな時間に自宅にいると言うのは8月31日(日)以来の気がする。

と言う事で最近の東京ヤクルトスワローズの事でも書こう。実は忙しくて書いてないだけでここ数日出張があってそれが終わった後に神宮球場に行ってた。

2014年9月3日(水)と5日(金)の神宮球場のチケット行った試合は9月3日(水)と一昨日の5日(金)だったんですが、3日は徳山投手がプロ入り初勝利で一昨日は久しぶりの先発ピッチャーだった七条投手の試合。

「もう今年も東京ヤクルトスワローズは最下位だと思うし、勝敗はどうでも良いや。」と心境で両試合共に予告先発ピッチャーが発表された段階では敗戦を覚悟で行ったんですが、結果的には両試合共に勝利。

3日に関して言えば17時位に神宮球場内に入ってプルペンでの徳山投手の球が結構切れてたので「もしかしたら良い試合になるんではないか。」と思った。

最初の方は結構制球も悪かったように思いましたが、その後は立ち直って試合をつくって同点で迎えた6回裏に一気に4点を取って逆転。

5日に関しては早く仕事が終わって16時40分位には神宮球場に到着。本当は仕事が終わって何処かで食事をして行こうと思ってたんですが、読売ジャイアンツ戦と言う事もあって混むと予測して食事は球場内で食べる事にする。と言っても吉野家で牛丼を買って球場内で食べたと言うだけですけどね。(笑)

この日は金曜日だったので自分が球場内に入った段階では自由席もそれ程混んでると言う感じではなかった。と言うのもよく考えると当たり前でもう大学生以外は夏休みは終わってるし、会社員はこの時間はまだ仕事中の方が多い時間。でも予想したように最終的には結構混んでた。

自分は球場内に入ってから気が付いたんですが、この日は生ビール半額デーナイターだった。でも自分は半額デーだと売り子さんが来ないので実はあまり嬉しくはない。ビールが安いのは素直に嬉しいんですが自分は安くなくても良いのでいつも通りにある程度、定期的に売り子さんが来てくれる方が色々な意味で嬉しい。

それはこちらに置いといてこの日の七条投手が悪くなかった。まさかと言ったら非常に失礼かも知れませんが、読売ジャイアンツ打線を5安打に抑えての完投勝利。

試合後のヒーローインタビューでの涙に感動。多分七条投手に込み上げるものもあったんだろう。

この2試合に行ってみて思ったのはやっぱりピッチャーがそれなりに試合をつくってくれさえすれば勝負になるし、こう言う試合も増える。やっぱり野球はピッチャーなんだと改めて感じた2日間だった。
posted by レイ at 20:21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | レポ